ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 仲間ではない人間の目には見えない世界 | トップページ | 「評定を甘くしろ」と指示する管理職 »

うんざりする「再放送」,待ち遠しい「再放送」

 学力ネタの記事がほとんど過去の記事の繰り返しのようなブログがあるが,

 こういう「再放送」の類の授業が,学校現場では行われている。

 それが子どもの学習意欲をそぐことにつながっていることに,
 
 自分自身がそうであった人を含めて多くの人が納得するだろう。

 たとえ同じような趣旨の主張でも,二度目に出すときは少し新しい情報を

 入れるとか,たとえを変えるとか,見る角度を変えるなどの工夫がほしいが,

 それができない頭の固さは,

 「これが正しいことだ」「このことを伝えなければならない」と

 自分が強く信じていることの証拠でもある。

 しかし,それが通用するのは,宗教の世界の話である。

 「こんな授業,もう一度,受けたい」という授業ばかりが学校で続くことはない。

 しかし,そういう気持ちを1年間の授業で1回でも受けることができた子どもの

 学力は向上していく。

 子どもは教師への目が変われば,それだけで授業の吸収力がUPする。

 ただ厳しいだけのように見えていた教師が,おもしろい授業をしてくれるだけで,

 学力向上には絶大な影響を与えることになる。

 ある学校には,研究上,絶対的な「掟」がある。

 それは,「他の教師の真似をしてはならない」ということと,

 過去に成功した事例を「繰り返さない」ということである。

 常に新しいものを追究していく意欲そのものが,教師が子どもに伝えていく

 もののすべてである,というのが私の極論である。

 記事も一緒,ついてくるコメントも一緒では,

 期待感もなにもあったものではないが,
  
 思い出したかのようにときどき「使用禁止用語」が飛び出すために,

 監視は続けなければならない。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

 
 

« 仲間ではない人間の目には見えない世界 | トップページ | 「評定を甘くしろ」と指示する管理職 »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うんざりする「再放送」,待ち遠しい「再放送」:

« 仲間ではない人間の目には見えない世界 | トップページ | 「評定を甘くしろ」と指示する管理職 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より