ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 偉大なる未来の失敗~部活動の外注と教師の仕事~ | トップページ | 「35人学級」「40人学級」という用語を使うのはやめましょう! »

表現力に乏しい「秀才」たちをどうするか

 小学校の授業を参観すると,子どもたちが元気に挙手して,

 発言の許可を教師からもらおうと,はりきっている。

 ただの時間の無駄にしか見えないが,何もわかっていない

 子どもでも,手を挙げているだけで意欲的に学ぼうとしているように

 見えるから,小学校の教師たちにはやめられない悪習なのだろう。

 想像してみてほしい。40の手がこちらに向かって差し出されている。

 教師の方には,「選ぶ権利」がある。

 絶対に発表したい,という意欲に燃える子どもは,

 声でもアピールする。自分に酔いたい教師には,欠かせない

 クスリであろう。

 しかし,こういう原始的な教室風景は,まともな学校では姿を消していくだろう。

 人間は,譲り合うことを学ぶ動物でなければならない。

 自分ではなく,他人に機会を与えることも,道徳で教えるべき美徳である。

 いつになれば,「挙手合唱」がなくなるのか。

 それは,子どもが教育されたときである。

 中学校に入ると,たいてい「俺が俺が」はなくなっていくが,

 逆に問題になるのが,「わかっていても,発言しない」生徒が増えることである。

 しかし,観点別学習状況評価のここだけは優れている点で,

 「表現しない限り,評価はされない」仕組みができている。

 ときどき,テストが100点なのに,なぜ通知表が「5」ではないのか,

 と苦情が寄せられる学校があるようだが,

 知識面だけを問うたテストの100点分は,

 総合的な評定を数値化して,四観点のバランスを1:1:1:1にすると,

 それは100点満点で25点分にすぎない,と示してあげることになる。

 教師がまともな学校では,思考力や判断力を問うて,ある程度の文章で

 書かせる問題を出題しているが,業者のテストを見る限り,そんな問題は

 1割もない。だから,テストで100点を取っても,総合評価の中では

 せいぜい40点くらいにしかならない。

 実は,残りの60点分の評価の場面が学校には存在しないのではないか

 と疑われる教育が,かなりの部分でまかり通っているのが今の中学校である。

 「秀才」たちが,自分の能力を伸ばす場面を用意してもらっていない。

 そこが大問題なのである。

 特に,表現力に乏しく,知識面に著しく偏るタイプの「秀才」を何とか

 してあげなければならない。

 教師の言葉遣いがどうだとか批判されている自治体は,

 そんなことを考えるレベルにないことは言うまでもない。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 偉大なる未来の失敗~部活動の外注と教師の仕事~ | トップページ | 「35人学級」「40人学級」という用語を使うのはやめましょう! »

教育」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表現力に乏しい「秀才」たちをどうするか:

« 偉大なる未来の失敗~部活動の外注と教師の仕事~ | トップページ | 「35人学級」「40人学級」という用語を使うのはやめましょう! »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より