ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 中3の平均点が200点代前半だった学校が,なぜ3年後に300点代後半をとれる中3を育てられるようになったか? | トップページ | 経営側が「人の成長」をつぶす組織 »

中学生の学力を向上させたければ,教科学習以外の面を充実させること

 学力向上を研究テーマにするとき,ほとんどの学校は

 教科の指導法などを改善しようと努力します。

 しかし,教師に本来は任されているはずの教科指導に手を入れなければならないような学校では,短期的な成果をあげることはおろか,中長期的にも難しいでしょう。なぜなら,公立学校の場合,時間がたてば教師は異動でいなくなるからです。

 学校をあげて大きな変化を起こそうとしたら,教師がどんなに替わっても,

 変わることのない取り組みを始めるしかありません。

 そういうことを大学の教師は教えてくれないでしょうね。

 せいぜい年間に1回か2回の研修にしか呼ばれないような人間には,

 自分の研修の成果を確かめるような「自己評価」の機会も与えられていないから,

 「変わる実感」と「変わったよい状態が継続できている=変わらない実感」を

 味わうことはできません。

 学力向上を本気になって取り組みたい学校では,

 最初に「聞く力」の追究をテーマにすることをおすすめします。

 「言語活動の充実」を図ろうとしている学校が陥っているワナは,

 「話す力」を高めることを重視しすぎて,「聞いて考える力」が全く養われていない

 ことに気づけないことにあります。

 発表する方ではなく,それを聞いている方に教師は注目し,理解できているかを

 評価しなければならないのです。

 今,はやりは,「ユニバーサルデザイン」=「UD」でしょうかね。

 「視覚化」などという,視覚障害者をバカにしたようなモデルを平気で提唱している

 意味不明な「ユニバーサルデザイン」ですが,黒板に書く以前に,

 「聞いて考える」あるいは「読んで考える」

 力がないのに,「話す力」がつくわけありません。

 英語の日常会話のように,「思考」を伴わない条件反射的なコミュニケーションが

 いくら上手になっても,グローバル人材になる道は遙か彼方です。

 生徒の「聞く力」はどのようにすれば育つのでしょうか。

 それは,生徒に「語らせる」ことです。

 何?「話す力」のことか?と思われたかもしれませんが,

 「語り」は独り言でもよいのです。決まり文句でもよいのです。

 理想は,本心から「伝えたい」と思えることを「伝えさせる」ことです。

 さらに大切なことですが,生徒が「伝えなければならない」と思える
 
 ことは,あまり教科の学習の中には登場しません。

 生活です。日常的な,学校生活の場面です。

 「伝えなければならない」状況に,どうしたら,多くの生徒を導くことが

 できるか。生徒の自治活動です。

 「学年集会」を中学生に企画させてみて下さい。

 私の学力向上策の第一歩は,生徒主催の「学年集会」にありました。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ
教育問題・教育論 ブログランキングへ

« 中3の平均点が200点代前半だった学校が,なぜ3年後に300点代後半をとれる中3を育てられるようになったか? | トップページ | 経営側が「人の成長」をつぶす組織 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

グローバル人材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 中3の平均点が200点代前半だった学校が,なぜ3年後に300点代後半をとれる中3を育てられるようになったか? | トップページ | 経営側が「人の成長」をつぶす組織 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より