ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「鉄人」に学んだこと~基礎・基本といっても,「答はこれしかない」という「知識・技能」はない | トップページ | 始まらない話をしている,終わっている人たち »

超スローボール論争?に学んだこと~「見慣れていないもの」に遭遇すると抵抗したくなる人の「基礎・基本」

 高校野球の試合での「超スローボール」が話題となった。

 批判した元アナウンサーが火達磨にされたそうだが,

 「見慣れていないもの」に異常な反応をする・・・多くは否定的な反応をするのは頭がかちかちに固まったお年寄りに多い。

 最近の困った問題は,こういう「かちかち頭」が若い世代にも広がっていることにあるだろう。

 若い教師が,「かちかち頭」の教師の授業をまねしてみたところで,何も始まらない。

 さて,話題は野球に戻して,

 「スローボールは許せない」なんていう反応も理解できなくはないが,

 私は野球のピッチャー経験もあるから,ダルビッシュ投手の言葉・・・・

 「スローボールは難しい球」という指摘の方に共感できる。

 一方,打者としてスローボールを投げられた経験からも,

 「嫌な球」であるという実感もある。

 まず,その球を打ちにいくことはない。

 ボールが来るまでに普段よりすごく長い時間・・・・この「長さ」の感覚も,半端ではない・・・・

 を感じて,多くの場合,いろんなことを「考えてしまう」結果に陥る。

 打者として一番やってはいけないのは,「考えすぎること」である。

 次の球で,集中力を維持することが,難しくなる。

 だから,作戦上も,ムダな球ではない。

 しかし,投手の側として,山なりのボールになると,ストライクをとることはほとんど不可能になる。

 だから,これは「遅延行為に近い」という極論まで成り立つかもしれない。

 野球に詳しくない方は,「敬遠」という作戦でピッチャーが投げる4球の時間がムダに感じられるかもしれないが,

 かつて,敬遠のボールを暴投して,サヨナラのランナーをホームに走らせたピッチャーもいた。

 敬遠のボールに飛びついて打って,サヨナラヒットにした打者もいた。

 小林投手とか新庄選手とか,野球通なら当然知っていることである。

 金子投手の,敬遠での怒りの150キロ連投,という映像も公開されている。

 松井選手は甲子園での全打席敬遠中,何を考えていたのだろうか。

 あらゆる場面に,ドラマがあるのだ。

 「あまりない状況におかれたとき」に,どのような反応ができるかは,

 その人の生き方の「基礎・基本」にあらわれる。

 教育現場でも同じである。

 泣き言,恨み言ばかりを連ねる「お年寄り」にはなりなくない。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ 

« 「鉄人」に学んだこと~基礎・基本といっても,「答はこれしかない」という「知識・技能」はない | トップページ | 始まらない話をしている,終わっている人たち »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« 「鉄人」に学んだこと~基礎・基本といっても,「答はこれしかない」という「知識・技能」はない | トップページ | 始まらない話をしている,終わっている人たち »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より