ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 個人レッスンレベルの「基礎・基本」イメージでは,学校の先生にはなれない | トップページ | アイス・バケツ・チャレンジと「不幸の手紙」~慈善の押しつけといじめ »

「コの字」型の座席配置は廃止しよう!~常に「さらし者」になっている子どもがいる

 教師が気付かないように目くばせをする子どもたち。

 「コの字」型に座席を配置している学級を参観するときに,時々出くわす場面である。

 ここで「コの字」型座席配置が生まれた経緯を説明するゆとりはないが,

 歴史の本には大正時代に流行った教育を紹介する写真で確認できるものもある。

 平成25年に日光市教育委員会が出した「コミュニケーション活動を重視した授業づくり」

 の中に,「学び合いを推進するには!」というコーナーで

 「コの字型の座席配置にし,全体での学び合いを推進する」事例が紹介されている。

 コの字型の座席配置の意義は,

>発表している人の顔が見え,学び合いに適しています。学び合いにおいて重要なのは,お互いの発言をきちんと受け止め合うことです。たとえ,一人の子どもが教師に顔を向けて発表しても,他の子どもがその顔を見ることができます。

 実際に席に座ってみるとわかることだが,発表している子どもの顔を正面から見ることができるのは,コの字型にしてみたところで,教師だけである。

 前の方の子どもは比較的,発表者の子どもの顔が見えやすくなるが,それは普通の座り方をしているときでも振り返れば見ることができる。

 ここで説明されていることから伝わってくるのは,「話している人の方を向いて聞く」ことの大切さだが,

 そういう「形式上」のことと,「お互いの発言をきちんと受け止め合う」という内面的なものは,同じレベルの話ではない。
 
 他の子どもが話している内容にかかわる重要な資料を目で追いながら,耳で話を聞く,というたいへん立派な態度も否定されることになる。

 そもそも「コの字型」と呼ぶように,形で何かを操作しようとする考え方は,小学校に代表的な浅い教育観である。

 授業参観すれば,その弊害をいくらでも指摘することができる。

 向かい合わせで授業と関係ないことのやりとりを目でする子どもたち。

 授業が理解できていない子どもを見ながら,優越感にひたっている子どもたち。

 逆から見れば,いつ,自分の反応で笑われないかとびくびくしている子どもたち。

 全く意見が言えない状態のまま,常に「さらし者」にされ続けている子どもたち。

 一斉指導の場面で子どもを向かい合わせにしてみたところで,

 簡単に「学び合い」などは始まらない。

 本当に「学び」が始まってしまったら,それこそ収拾がつくなくなることはだれでも想像できるだろう。

 だから,本当は言いたいことも言えないまま子どもは我慢するのである。

 「コの字型」座席配置の最大の課題である。

 教師から発言権が与えられるまで,何も言えない状態になるのはコの字型でなくても同じだが,

 今,目の前に「それはおかしい!」と反論したい相手がいても,何もできないというストレスを抱くのが

 コの字型の問題である。

 参観している教師たちは,「言いたいことがあってうずうずしている」子どもがたくさん待たされていることに,

 さほどストレスを感じていないらしい。

 みんな,学習意欲にあふれていていいな,などとのんきに見ている。

 「全体での学び合い」なんていう言葉を軽々しく使うのも考えものだということが,わからないのだろうか。

 一度,国会の本会議をコの字型でやってみたらどうか。

 全体の学び合いの前に,4人程度の少人数でのやりとりがあり,それぞれの代表者がコの字型の中心で

 代表の立場で議論し,他の子どもがだれの意見が最も説得力があったかをジャッジする,というような

 方法をとってもよいかもしれないが,これも,別にコの字型でやる特別なメリットはない。

 コの字型の授業のデメリットは,横方向にある黒板のメモをとらなければならない,というものもある。

 コミュニケーション活動を授業で重視するのも大事だが,

 まずは授業以外の場面での公的なコミュニケーション活動をさかんにすべきである。

 そうすれば,授業で「話し合い活動をさせてみようとしたが,話し合いが始まらない」なんていう

 時間の無駄もなくすことができる。

 上で紹介した資料の2ページ目に,

>すべての子どもが参加し学びを実感できる授業のイメージ

 が紹介されているが,これはとても参考になる。

 最も重要なのは,「全体」の場面ではなく,「個」の場面である。

 コミュニケーションを重視するのは,「個」の力を伸ばすためである。

 「みんなで楽しくおしゃべりする時間を増やすため」ではない。

 特に,まとめの段階で「個」としてどうなったかが評価できないと,

 お話にならない。 

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

« 個人レッスンレベルの「基礎・基本」イメージでは,学校の先生にはなれない | トップページ | アイス・バケツ・チャレンジと「不幸の手紙」~慈善の押しつけといじめ »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

生活指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 個人レッスンレベルの「基礎・基本」イメージでは,学校の先生にはなれない | トップページ | アイス・バケツ・チャレンジと「不幸の手紙」~慈善の押しつけといじめ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より