ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「基礎・基本」の奥深さを追究できる教師に! | トップページ | 何のために「基礎・基本」を語ることが重要なのか? »

松井秀喜が長嶋茂雄から受け継いだ基礎・基本

 松井秀喜は長嶋茂雄から,どのようなバッティング技術を教わったのだろうか。

 「専門家」が「専門家」を教える世界はレベルが高すぎて,想像もできない。

 しかし,素人ながらもわかることは,

 「野球に対するひたむきな態度,真摯な姿勢」が備わっていた松井秀喜に,

 長嶋茂雄という「野球人」がさらなる磨きをかけたことは間違いないと思われる。

 現代の教師に求められているのは,まさにこのような「態度」「姿勢」の面である。

 その真逆な事例が事件があるたびに報道されてしまうので,

 教員を取り巻く環境は悪化の一途をたどっている。

 「教員にはなりたくない学生が多い」教員養成系の大学は,すぐにつぶれてかまわない,

 と言いたくなるほどの停滞ぶりである。

 私の恩師がよく口にしていた言葉がある。

 よい教師は,よい生徒が育てる,という言葉の意味がお分かりだろうか。

 もう一つ,大事なことがある。

 よい教師は,よい教師が育てる,というのが私の最も言いたいことである。

 教師の思い通りにならない生徒によっても,教師は育てられる。

 しかし,ろくでもない教師に育てられた生徒,あるいは教員が,

 本当に「よい教師」になるのは難しいだろう。

 最も大切な部分は,

 小手先の技術などではない。

 仕事に向かう姿勢である。

 これは,どんな職業でも共通して言えることだと思われる。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

« 「基礎・基本」の奥深さを追究できる教師に! | トップページ | 何のために「基礎・基本」を語ることが重要なのか? »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

野球に関して私が最も感謝しているのは,甲子園に出場した高校の先輩であり,大学で教鞭をとっていた先生に言葉をかけていただいたことである。

社会人のチームと練習試合をすることになり,先輩はそのチームの監督を務められていた。

私のチームのエースが前日の練習でけがをしたため,急きょ,高校での投手経験のある私が代役で登板することになった。

4番打者に1,2打席目に痛打を浴びたが,私も「この打者だけは」という気迫で3打席目は三振,4打席目は内野フライに打ち取った。いずれも満塁のピンチの場面だった。

このピンチを切り抜けたことに対して,試合後,言葉をかけてもらったのである。

大学で登板したのはその試合だけだったし,公式戦でもなかったが,

とても印象に残っている。

もし褒めてもらう場面がなかったら,その試合のことは記憶から失われていたかもしれない。

六大学では優勝経験はないが,国公立戦や七帝戦では優勝できた。

しかし,優勝を決めた試合のことは,あまりよく覚えていない。

「おとなもほめよう」・・・・公共広告機構のCMで流れていた言葉である。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松井秀喜が長嶋茂雄から受け継いだ基礎・基本:

« 「基礎・基本」の奥深さを追究できる教師に! | トップページ | 何のために「基礎・基本」を語ることが重要なのか? »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より