ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 完成品を見せる目的は,「目標に向かう意欲」を高めること | トップページ | 「コの字」型の座席配置は廃止しよう!~常に「さらし者」になっている子どもがいる »

個人レッスンレベルの「基礎・基本」イメージでは,学校の先生にはなれない

 小学校に実技教科だけを担当する教師がいた。

 子どもながらに,担任を持たせることができない先生なのだろうなということは薄々感づいていた。

 中学校の教師は,特定の教科を専門的に指導する。

 それでも,いい先生とよくない先生の違いは明白だった。

 生活指導で苦労があるような学校だと,

 担任がもてる先生ともたせられない先生がいることもわかった。

 教員として採用されることをめざして努力している人たちには,

 自分がどのような位置に立てそうなのかをまず把握できるようにしてほしい。

 一連の記事で明らかなように,

 学校という40人の子どもたちを相手にして学習指導を行ったり,

 200人の生徒を相手にして生活指導を行ったりする場で,

 そういう話をいくら口にしたとしても,何も伝わらないだろうなと思えることしか書けない人がいる。

 こういう人は,個人を相手にしたレッスンはできるかもしれないから,

 めざす職業を変更した方がよい。

 40人を相手にして,授業ができるのか,

 そういう授業のイメージを「指導案」というかたちできちんと表現できるのか,

 教員採用試験では,そこを見て判断しようとしている。

 なぜなら,そういう指導ができない教師が大勢いることが,

 「主権者」たちの声から「公の情報」「周知の事実」になってしまったからである。

 イメージがもてない人がいるかもしれないが,

 1人の子どもを相手に話をすることはできても,大人数を相手にはできない人というのが存在する。

 授業参観をすると,一目瞭然である。授業として成立していないのだから。

 最悪なのは,だれも聞いていないのに,お構いなしで,一人で話している人までいる。

 話が伝わっていないこと自体に気付いていないのは驚きだが,

 そもそも,そういう事実はない,という妄想を抱いていることによって,

 自分が教師でいられることの根拠としているらしいのだ。

 「子どもに言葉が伝わっていないことを認めた」時点で「終わる」ことに,

 薄々気づいてはいるのだろう。

 こういう指導力不足教師の共通点は,人の話を聞かないことである。

 「客観的な話」という言葉の意味が伝わっていかない。

 Aくんも,Bくんも,Cさんも,Dさんも,E先生も・・・・全員に聞き取った結果,こういう事実があるらしい,

 それが「客観的な話」だ,という会話が成立しない。

 国語力の問題かと考えたこともあったが,そうではないようだ。

 自分自身が使っている「客観的」という言葉の文脈は成立している場合がある。

 ただ,自分の認識と異なる「客観的事実」を他人から告げられると,

 そこで思考停止になってしまう。

 そして,「あいつの頭はおかしい」とか,「性格が悪い」など,相手の人格攻撃を始める。

 こういう指導力不足教師は,典型的な事例だから,教師の多くは経験済みのことだろう。

 教員採用試験の新しい形を提案したい。

 面接官は,40人とする。

 面接時間は1人5分と決める。

 子どもも,大人も,高齢者も,臨時面接官として採用する。

 そして,あるテーマで「話し合い活動」を行ってもらう,という授業の導入だけしてもらう。

 テーマは,数十種類を用意しておき,その場でくじを引いて決める。

 この面接試験で,まず5分の1くらいにしぼる。

 (ただし,どこかの自治体のように倍率が5倍以下だと,これもできない)

 そして,今度は重要な授業の展開部で,個に応じた指導の場面を用意する。

 当たり前の話だが,自分の採用してもらいたい学校に通っている年齢の子どもを

 ターゲットとした指導が必要なのだが,高齢者に話をもっていくなど,

 信じられない行動をとる人がでてくる。これも不採用にできる。

 どうにかして,採用後に不適格性に気付く,という事態を起こさないようにしてほしい。

 学校の教師として指導を行いたいのであれば,集団としての子どもたちに教えること・・・・

 主体性や積極性,チャレンジ精神だけでなく,

 協調性や柔軟性,責任感・使命感を育てるという

 「使命感の基礎・基本」をまずは固めていくべきであろう。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ 

« 完成品を見せる目的は,「目標に向かう意欲」を高めること | トップページ | 「コの字」型の座席配置は廃止しよう!~常に「さらし者」になっている子どもがいる »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 完成品を見せる目的は,「目標に向かう意欲」を高めること | トップページ | 「コの字」型の座席配置は廃止しよう!~常に「さらし者」になっている子どもがいる »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より