ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 良い学校の条件と良い学校に通わせる良い親の条件 | トップページ | 教員のわかりやすい「指導力不足」状態 »

教育委員会の質の低下を実感する羽目に陥った

 研修の講師の仕事が増えてしまっているが,今までにない経験をすることになった。

 研修に行く前に,こんな経験したくないと思わされる出来事であった。

 基本的に私は出張が嫌いである。

 「講師として呼ばれるのが誇りだ」なんて粋がっている連中と同じにしてほしくはない。

 自分の学校の仕事で本当はいっぱいいっぱいである。

 どうしても断れない人から話が来たときだけ,引き受けることにしているが,

 それもそろそろやめにしたくなってきた。

 今度の仕事は,本当にやめたくなったが,すでに案内が通知されてしまっているそうで,断るにも断れない。

 研修の話が来たとき,とりあえず引き受けるという返事はしたが,

 その後,何ヶ月も音沙汰がなかったので,もうあの話はなくなったのかと思っていた。

 しかし,研修の1週間前になって,「研修の資料を1週間前までに出せ」という指示書と,

 研修を周知した通知文が送られてきた。「写し」ではなく,原本である。

 手紙だけである。

 私は都道府県教育委員会の仕事しかしていなかったので,

 市区町村教育委員会がどの程度の仕事ができているのか知らないが,

 こんな話は論外である。

 指導主事の質が下がったどころの話ではない。

 もはや指導力不足教員に研修に関する事務をさせているとしか考えられない仕事の杜撰さである。

 自治体の名前は出さないが,他県の人でも知っているような名前である。

 単なるミス(発送遅れ)ではすまされない。

 期限までに出せという指示をこちらが守れない。

 通知文に記された学校名の漢字が誤っている。

 電話での連絡も何もない。

 気の毒だが,この私の怒りのトバッチリを受けるのは,研修を受ける先生方である。

 「あなたが思考・判断・表現の観点の評価で,~についてA(十分満足)と判定している生徒の解答例をいくつか挙げて下さい」なんていう質問を連発する予定である。

 研修には,「講義・演習」とあるから,「講義1:演習9」でも文句は言えないだろう。

 その方が研修の効果は絶大である。

 私が研修を受けに来てくれた先生方の「評価力」の評価をその場で実行できる。

 自信を失う人がいるかもしれないが,「適正な評価・評定が実行できていなかった」事実が判明したことを,学校に持ち帰って校長に報告していただく。

 2時間弱の研修だが,報告書はレポート用紙で10枚くらい必要な内容になるかもしれない。

 こういう厳しい研修が受けられる先生方を幸せだと思ってくれる自治体であることを望んでいる。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ 

« 良い学校の条件と良い学校に通わせる良い親の条件 | トップページ | 教員のわかりやすい「指導力不足」状態 »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育委員会の質の低下を実感する羽目に陥った:

« 良い学校の条件と良い学校に通わせる良い親の条件 | トップページ | 教員のわかりやすい「指導力不足」状態 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より