ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« いかがわしい受験情報に惑わされないように! | トップページ | 中学校及び教科ごとの内申(調査書)の格差を考えるための資料 »

学校ごとに異なる基準で評価してしまっては,入試の判定資料として使えない

 目標に準拠した評価というときの「目標」とは,学習指導要領に示された目標であって,

 学校別に定めた目標ではない。

 学校ごとに異なる目標,異なる基準で学習状況を評価するということはない。

 だから,入試の判定材料として使える資料なのだ。

 入試の判定材料としての評価で,まだ相対評価が生きているところがあるようだが,そういうレベルの自治体があってもおかしくはないのはもちろんである。教師の側に力量がなければ,適正な評価などできるわけがない。

 問題は,こういう課題をどれだけの教師,どれだけの学校が抱えているか,ということである。

 義務教育の中学校では,学習指導要領に準拠した教科書を活用しており,公立高校では,その範囲から問題を出題する。

 指導力の低い教師が集まっているような学校の課題は,

 目の前の生徒がどの程度の学習状況なのかを把握することができないということである。

 それを把握するためには,まず学習指導要領に示された目標なり,内容なりを熟知しなければならない。

 そして,目標を達成するための学習指導の計画を自分で立てなければならない。

 社会科のような教科の場合,教科書を見開き2ページずつ,順番に,教科書会社の指導書の通りに授業しているような教師は,おそらくは目標の実現がかなうような指導はできないだろう。そもそも時間が足りなくなる。

 どんな生徒がどんな地域で生きているのかを考えて,どんな社会の動きがあるかをふまえながら,何を具体的な題材として授業を組み立てていくかは,「教科書主導」であってはならないのだ。

 教科書は「主たる教材」であり,指導計画を考えるのは教師の仕事である。

 だから,目標は同じでも,指導のあり方は異なっていてかまわない。

 ある時間には教師による一斉指導で知識を確実に定着させ,また別の時間ではグループでの意見交換を通して学習内容の理解を深める。

 試験問題の出題の方法も,指導に即したものにすべきであり,授業のときに考えて結論が出たような問題を「思考」の問題として出すことはできないから,中学校一律の定期考査問題というのはあり得ない。

 ただし,他の中学校の問題をもらって,自分の学校の生徒にもやらせてみる,という方法はある。学習内容が本当に理解できているかどうかは,あるはこうやって確かめた方がよいかもしれない。

 でも,授業のときには把握しきれなかった学習状況が,自作の定期考査問題を通して公平に評価できるメリットも忘れてはならない。

 学習指導というものを,塾のワークの一問一答式をただ進めているようなイメージでしかとらえられない指導力欠如の人には通じない話なのかもしれないが。

 高校の側は,学校ごとの入試得点と調査書点の相関をよく把握しているのは明らかである。

 明らかに評価がおかしい中学校の存在を,できればすぐに公開してくれることを望む。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

« いかがわしい受験情報に惑わされないように! | トップページ | 中学校及び教科ごとの内申(調査書)の格差を考えるための資料 »

教育」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« いかがわしい受験情報に惑わされないように! | トップページ | 中学校及び教科ごとの内申(調査書)の格差を考えるための資料 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より