ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« スマホに支配された学校 | トップページ | 教師にとって必要なのは「不安感」 »

覚醒剤と中学校の生活指導

 公立学校における薬物乱用防止教室の開催などの成果かどうかはわかりませんが,

 若年層の薬物乱用は多くないようです。

 ところが,逆に40代の犯罪は増えているようです。
 
 「詰め込み教育」の負の成果でしょうか。

 「生きる力」の不足が目立つ年代が,少しずつ明らかになっていくのでしょう。

 芸能関係者の覚醒剤使用には,それなりの背景があることはわかりますが,

 薬に頼って仕事をするようになったら,「終わっている」わけですね。

 朝のTV番組で,「俺は酒で十分」という発言をした芸能人もいましたが,

 酒に頼るのもどうかと思います。

 覚醒剤は脳を「覚醒」させる薬,なんて解説をしてしまうと,

 中学生などは「一度飲んでみたい」などと思ってしまうかもしれません。

 自分が大好きな芸能人もやっているんだから・・・なんていうレベルの子どももいる。

 だから今,多くの小中学校で,警察署の人を招いて開催しているのが,

 「薬物乱用防止教室」です。

 道を歩いていて,ろれつのまわらない言葉で話しかけてきたら,それだけで110番をしてもいいと思っていいでしょう。危険から身を守るすべも警察署の人が教えてくれます。

 さて,脳を覚醒してくれるものの中には,法に触れないものもあります。

 私の場合は,生徒の問題行動です。

 ルールを破ったり,嘘をついたり,人を傷つけたり,ものを故意に破壊したり・・・・

 こういう問題に直面すると,脳にスイッチが入った状態になり,

 3日くらい眠れなくても生活指導の時間にできなかった仕事を夜中でもできるようになります。

 怖いのは,健康に悪いとは思っていても,

 頭が異常に冴えているため,生活指導に関係がない仕事がとてもはかどります。

 だから,深刻な被害を受けた生徒がいない場合の問題行動というのは,

 起こしてくれた生徒に感謝しなければならないかもしれませんね・・・・。

 子どもは,問題を起こしながら成長するということがあります。

 特に,保護者が子どもに初めて本気で寄り添ってくれた,なんてケースも多いので,

 保護者とのやりとりが相手の都合で夜中になったとしても,

 全く苦になりません。

 もちろん,すべての教師はそうでなければならないなどと言うつもりはありませんよ。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

« スマホに支配された学校 | トップページ | 教師にとって必要なのは「不安感」 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

社会科」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 覚醒剤と中学校の生活指導:

« スマホに支配された学校 | トップページ | 教師にとって必要なのは「不安感」 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より