ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 使いものにならない授業用ICT機器 | トップページ | 大人による子どもの荒れの原因の「単純化」が招く子どもの荒れ »

「荒れている中学校」が公開している学校評価等からわかること

 先日,研究会に参加していた元同僚から,「荒れている中学校」の話を耳にした。

 「なるほど」と思える学校(昔から「荒れている」というイメージがつきまとっているところ)もあれば,

 「そこが荒れているの?」と意外な思いをするところもある。

 「荒れている学校」には,いくつかの共通点がある。
 
 その一つは,教員の異動が多いということ。

 わずか3年ほどで異動する教員が多い学校は,

 教員が異動したいと希望しているか,

 管理職が教員を異動させたいと希望しているかのどちらかであり,

 日本ではどちらかというと前者が多いのが一般的であった。

 該当の中学校の「学校だより」から,異動の状況を見てみると,

 3年で異動した教員が多く,中には1年で異動した教員もいた。

 学校評価の「生徒による授業アンケート」の結果を見ると,

 特定の教科の(教員の)評価が思わしくなく,

 1年で異動した教員が教えている教科であることがわかった。

 因果関係はわからないが,予測は可能なことである。

 ちなみに,転入した教員は初任者を除いてすべてが同じ自治体の学校から異動している。

 立て直しを教育委員会が図ろうとしているのであれば,

 「選りすぐり」が集められたのかもしれない。

 学校評価で,保護者からのアンケートの結果も見てみた。

 「生徒がよく挨拶をし,服装や頭髪などに気を使い,交換(ママ)が持てる。」

 公開しているデータに誤字が含まれているのは言語道断だが,

 (学校評価を教育委員会が見ていないのも明白。指導主事は仕事をせよ。)

 注目したいのは,「好感がもてない」という回答の割合が40%もあることである。

 「学校はよいこと,よくないことをきちんと指導し,学校のルールを守らせている」

 の回答も,「守らせていない」が40%近くである。

 改めて,生徒の授業アンケート結果に目を向けると,

 質問項目は,全教科について,

>わかりやすいか

>進む速さはちょうど良いか

>授業のルールは守られているか

>興味が持てる内容か

>わからないことを質問できるか

>全般的に満足できるか

 が問われている。

 ある教科の,特定の学年の結果だけが思わしくない。

 特に,「授業のルールが守られていない」が突出していて,7割近くに至っている。

 ちなみに,ほかの教科は,1割未満のところもあるし,多くても3割程度であった。

 中学校では「学級崩壊」は起こりにくいが,これは「授業崩壊」である。

 学校が「荒れる」原因の一つに,この「授業崩壊」がある。

 学級担任が悪い,ということではない。

 ほかの教科ではきちんと授業が成立しているのに,特定の教員のときだけ,

 崩壊する。

 非常勤講師が授業を担当している可能性もあるので,1年で異動した教員との関係は予想でしかないが,

 「惨状」が公開されているのは,今の時代らしい。

 この中学校の場合,もう一つ,予想できるのは,

 「力のある教師が(教科を担当する教師も含めて),中3に偏っている」ことである。

 これも荒れている学校で多く見られる現象である。

 進路をひかえた中3に「人的資源」を投入する。

 だから,必然的に中1がおそろかになる。

 授業のアンケートの結果からも,中1が全体として悪い数字が目立つ。

 これは,地域の小学校が荒れていたときにも見られる現象であり,一概に中学校教師の力量の問題だとは言えないが。

 ちなみに,この中1は121人で4クラスである。

 学校側も必死だっただろう。

 あと1人,生徒が転出してしまうと,3クラスになってしまう。

 教員の数も減らされるし,1クラス40人学級となる。

 2年以降も緊張状態?は続く。学校にとって,死活問題である。

 「荒れた学校」という地域での評判は,学校選択を実施している地域では,「生徒数の減少」という結果を招く。

 気の毒なことに,近くに「人気の高い」中学校がある。

 学校として,危機感の共有が前進のエネルギーに向かえるかどうかが問われている。

 
 にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

« 使いものにならない授業用ICT機器 | トップページ | 大人による子どもの荒れの原因の「単純化」が招く子どもの荒れ »

教育」カテゴリの記事

学校選択制」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「荒れている中学校」が公開している学校評価等からわかること:

« 使いものにならない授業用ICT機器 | トップページ | 大人による子どもの荒れの原因の「単純化」が招く子どもの荒れ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より