ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「教育にお金をかけろ」と言う資格のある人 | トップページ | 原爆を「投下した理由」ではなく,「投下できた理由」がわかる本 »

教師への不信感が生まれる理由

 教師がすべての親から同じような意味で信頼・信用される方法はあるのだろうか。

 学力を高めるという面からは,なかなか難しい。
 
 学力については,大昔の相対評価の時代とそう変わらない。

 できる子どももいれば,できない子どももいるのが当たり前である。

 授業が十分にできてない子どもの親の中には,それを教師のせいにしたがる人がいる。

 教師が「全員に同じことをしているだけだから,できないのは子どものせい」なんて言い訳したら,

 「できる子とできない子を一緒にするからだめなんだ」なんて反論されかねない。

 「個に応じた指導の充実」を約束していない学校は少ない。

 教育課程届にもし書かれていたら, 

 「届け出通りの教育をしていない」ことを責められることになる。

 ただ,多くの親は,それを教師のせいにはしないだろう。

 日本は税金で教育に力を入れる必要のない豊かな国である。

 子どもの教育の充実は,親の経済力に応じて可能であり,サービスも多様である。

 一般的な親が教師への不信感を高めるのは,

 生活上で生じる問題への対応に対してである。

 ある教師は,子どもが怪我をしたり,トラブルに巻き込まれたりしたとき,

 必ず保護者に電話やメールで連絡を入れる。

 クラス替えをした後の教師は,そういうことを一切してくれない。

 問い合わせないと,答えてくれない。

 問い合わせてみても,「私は知らない」と答える。

 子どもが保健室で治療を受けるような怪我をしても,

 「知らない」と言う。

 こういう教師の姿が不信を高めるのは,そういう教師でも理解できるのではないか。

 しかし,理解できることと,実行することに大きな隔たりがあるのが

 今の学校現場である。

 いずれ,国は施設だけを用意し,人間や道具に税金の投入する必要がない時代がやって来るだろう。

 迷惑をこうむるのは,全力を尽くしている教員である。

 あとから考えれば,「自分で自分の首を絞めていた」と批判されるかもしれないが,

 大きな変革というのは,首を絞めている人間がいなくなった後に起こるものである。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

« 「教育にお金をかけろ」と言う資格のある人 | トップページ | 原爆を「投下した理由」ではなく,「投下できた理由」がわかる本 »

教育」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。記事の方で,私の考えをお伝えします。

私は先生という言葉が嫌いだ。先生という言葉の存在が人間を増長させ勘違いさせていると強く感じている。
若いころから先生、先生と持ち上げられれば、自分は偉くて特別な立場にあると勘違いして増長し、高慢天狗、高飛車天狗になってしまうのも無理はない。私自身もそれで保護者や生徒からの信頼を失った苦い経験がある。
ではそのような高慢天狗、高飛車天狗になってしまわないためにはどうすればよいのだろうか?
答えは単純明快。先生という呼び方を一切禁止すれば良いのだ。さん付けにすれば良いではないか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教師への不信感が生まれる理由:

« 「教育にお金をかけろ」と言う資格のある人 | トップページ | 原爆を「投下した理由」ではなく,「投下できた理由」がわかる本 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より