ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 禁断のアンケート | トップページ | 教育に関する出版業界の不思議 »

佐村河内氏<たち>のつくった音楽の価値

 罪を憎んで人を憎まず・・・・という言葉は,簡単にはできないことだからこそ,「美しい言葉」として語られています。

 佐村河内氏の作品として発表されてきた数々の音楽に深い感動を覚えた人たちは多いでしょう。

 今回の佐村河内氏の会見によって,そのような人々は,<彼ら>の音楽をそれまでと同じような気持ちでは聞けなくなってしまうことは確かでしょう。

 ただ,「だまされた」という強い憤りを感じている人ばかりかといえば,そうとは言えないかもしれません。

 「作品自体」には何の罪もないわけです。

 私は何も聴いたことがないので想像上の話ですが。

 それなのに,「作品の価値」も失われてしまうとしたら,音楽を聴く人というのは,作り手への気持ち・・・作曲者が,障害を持っている人だとか,被ばく2世だとかいうこととセットにして「作品」をとらえているのだということになります。

 私たちは,ストーリーの中に自分を落とし込んで・・・その置き方は人それぞれでしょうが・・・その場で感動している自分自身を感じることで満足しているところもあるのだと思います。


 
 会見の一部の様子を見ると,音楽の話ではなく,

 「障害の事実は本当かどうか」という点に多くの関心が集まっているように思えます。

 聴覚障害をもっていない人の,聴覚障害に対する理解が,とても浅いものであったことを感じるきっかけにもなりました。

 「診断書を見せられても納得できない」という気持ちはわかりますが,「本当は聞こえているんじゃないか」という責め方は,どの程度「あり」なのでしょう。

 「今まで嘘をついてきたんだから,これも嘘なんだろう」という責め方は・・・それも障害にかかわることについての責め方は,もし障害が本当だったとき,どういう言葉を返すことになるのでしょう。

 記者会見でのやりとりは,記者が絶対権力者です。

 国会での議員からの質問も同じです。

 国民が主権者であり,国民に知る権利があるから,当然と言えば当然なのですが,

 主権者であり,知る権利があるから,

 「お前,言葉が聞き取りにくいと言っているが,それは本当なのか」

 「聞こえているようにこっちは感じるぞ」

 としつこく責めたてることは,「権利があるからいいじゃないか」ですまされることでしょうか。

 このような大人の態度に接する子どもは,まねをします。

 学校では,「いじめの加害者」と「認定」された子どもが,周囲から「罪の償いの一環」のようなかたちで,逆に「いじめ」を受けることがあります。

 社会的な問題,学校では問題行動の連鎖が起こらないようにするために,「私たちは正しい判断ができるようにするための情報」を知る権利を持っているのです。

 ゴーストライターはこの世に何人くらいいるのでしょうか。

 ゴーストライター側には何の「罪」もないのでしょうか。

 今回,佐村河内氏が非難されるのと同じように,その人たちも「非難される資格」をもっているのでしょうか。

 「利用していた」「利用されていた」は,

 それぞれどっちの方なのでしょうか。

 私が目にしている報道はごくわずかですが,少なくとも記者会見の様子からは,「偽障害者」としてのレッテルを貼り,その真偽をはかるための目の方が鋭く,ゴーストライターとの言葉の不一致と訴訟の問題が「次のネタ」だという「宣伝」をするだけで,音楽等の制作の実態に関心を向けさせてくれる情報にふれることはできませんでした。

 思い浮かんだメロディーを口ずさんで,他の人がそれを楽譜におとし,編曲をする。

 こういう場合も,「作曲者」は口ずさんだ人で「あり」なのでしょうか。

 「共同制作者」として「訂正」する道というのはないのでしょうか。

 値がつりあがった「佐村河内作品」の価値は,本当はどこにあったのでしょうか。

 「現代のベートーベン」という肩書には,どれくらいの「宣伝効果」があったのでしょうか。

 こうした疑問を解決してくれるような報道が現れることを期待したいと思います。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

« 禁断のアンケート | トップページ | 教育に関する出版業界の不思議 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐村河内氏<たち>のつくった音楽の価値:

« 禁断のアンケート | トップページ | 教育に関する出版業界の不思議 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より