ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「騒動の張本人」を隠そうとしているのはだれか? | トップページ | 教育の世界こそ,「知的遊戯」からの脱却を »

決まりは守らなくてよいことを教えてしまった教師

 昨晩,会って話をしていた大学生の教え子は,体育会の部のマネージャーをしている。

 この部では,週に何回も朝練がある。その遅刻者には,5000円の罰金が科せられるという(滞納者もいるとのこと)。

 遅刻者を減らす効果は高いだろうが,あまり「教育的」ではない。

 
 さて,次に紹介する話は,長くこのブログを読んでいただいている方には,「おなじみの話」である。


 ある中学校で,部活動の「遅刻者」をめぐって,信じられない結果になった事例を紹介してくれた人がいた。

 1人の「遅刻者」以外の全員は,時間を守って集合していた。

 指導者が「遅刻者」に「どうして遅れたんだ」と聞いたところ,

 「集合時間が早いから」と答えたらしい。

 指導者は何を思ったか,「何時なら来れるんだ」と聞いたという。

 さらに,何を血迷ったか,部員全員に,「全員が集まれる時間を決めろ」と指示した。

 驚いたことに,部員たちは,「時間を遅らせれば遅刻者はいなくなる」と判断してしまい,

 「集合時間を遅らせる」という決定をした。

 きっと,集合時間が朝早いことが苦痛だったはずの生徒も,がんばって登校していたのだ。

 しかし,「遅刻者」のおかげで,堂々と遅い時間に集まればよいことに変更になった。

 喜んだことだろう。

 時間を守らなかった部員のおかげで,「集合時間」の決まりが変わったのである。

 これこそが,「決まりは守らなくてよい」ことを生徒に教える「指導」である。

 指導者は,「話し合いで自主的に決めた時間に意味がある」と思っているらしい。

 ちょっと待て,という話である。

 「決まりを変えた」きっかけは,「決まりを守らなかった生徒がいたこと」である。

 そして,結果として,「決まりを守らなかった生徒に配慮した決まり」が決定した。

 こんな経緯で成立する「決まり」に,「自主的に決めたこと」の意義を感じる人がどのくらいいるのだろうか。

 どう考えても,決まりを変更するきっかけが最悪である。

 そして,できた新しい決まりも,最低である。

 「全員が遅れない時刻を設定しろ」なんて指示をする人間はどうかしている。

 中学校では,こんな「指導」はあり得ない。

 「用事があって遅れる人は,事前に連絡しなさい」ですむ話である。

 肌感覚として,これはさすがの小学校教師でも違和感を覚えてくれるはずだろう。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

« 「騒動の張本人」を隠そうとしているのはだれか? | トップページ | 教育の世界こそ,「知的遊戯」からの脱却を »

教育」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 決まりは守らなくてよいことを教えてしまった教師:

« 「騒動の張本人」を隠そうとしているのはだれか? | トップページ | 教育の世界こそ,「知的遊戯」からの脱却を »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より