ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 行事に熱が入る中学生が放つエネルギー | トップページ | 3つ以上のブログをかけもちする人 »

嘘つきは,自分以外の嘘つきが大嫌い

 小中学生のなかには,平気で教師の質問に対してウソをつく子どもがいますね。

 これは,自分を守るため,条件反射的にできるように,生まれつきできるようにプログラムされている能力のように思われますが(ウソのつきかたを親が教えることはない),すぐにばれるウソをつき続けるかどうかは,親や教師の教育次第です。

 なかには,とにかくばれない限りウソをつき続けるという強者もいて,バレたときには強く責められるのですが,その鬱憤を晴らすように,他人がウソをついたとき,ウソをついたと思ってしまったときには怒りまくる,という「子ども」がいます。

 この非対称性を「不平等」と呼んでも理解できない人たちに,「民主主義」を語る資格はあるのでしょうか?

 報道を見ていると,そういう人たちばかり扱われるのでおもしろいですね。

 ただ,本当に自分を客観視できない人はいるようで,「こういうことをいう人間はおかしい」と言っている自分自身がそういう人間だということに気づけない人は,周囲との摩擦が絶えないことになるわけで,気の毒ですがなおす方法はありません。

 子どもたちには,「そういう人は,そういう人なのだ」という理解をさせるようにしています。

 なお,この記事の内容は,どこかのブログとは何の関係もありません。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ  

« 行事に熱が入る中学生が放つエネルギー | トップページ | 3つ以上のブログをかけもちする人 »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

コメント

大学時代の「副業」っていう言い方もおもしろいと思いますけど,20~30万の収入ってすごいですね。

私は塾の講師と家庭教師をして,いい収入だと思いましたが,20万を超えたことはありませんでした。

それに,大学を卒業しても自営業をなされていたとは・・・。

さて,その教員5年目で20代後半の方に,ヘンな疑いを晴らすためのベストのお話は,「あのブログ」に出ている内容のダメさ加減を,ご自分なりの表現で教えていただけますか?

どうしてここまで「他人事」的に教育を語れるのか。

現場の教師らしい雰囲気が全く伝わってこない現状を打破するためにも,まず,どこがどのようにダメなのか,具体的に批判してみたらいかがでしょう。

使えない年収1000万円の教員のことを嘆いていても,学校が変わらないことくらいはわかりますよね・・・。

もし,教員5年目の,20代後半で,最近,「久しぶりにブログを再開した」方がこちらを読んでいただいているようでしたら,少しおことわりしておきます。

コメント欄への書き込みを削除されるそうなので。

私はありとあらゆる場所から,「教育の失敗情報」を集めています。

これから記事にする内容が,そちらのブログに出てきた話題に関することかもしれませんが,私の記事は,話題を提供していただいた方を直接非難するわけではなく,「そういう問題は多くの場合,こういう原因で起こり,こういう対処の仕方が必要だ」と私が考えていることを述べているにすぎません。

ですから,ご自分のことを非難されたとは,思われませんように。

私がコメントを差し上げたブログの方と判断させていただいてよろしいのでしょうか。

教師になって5年目の,20代後半の方ですね。

もしもその方なら,不快な思いをさせてしまって,申し訳ございませんでした。

本当に内容や考えていることがそっくりのブログがあって,瓜二つであることは確かです。

反応の仕方も同じ。嘘は申しません。びっくりするほどそっくりなんです。

ぜひとも,ご自分の5年間の経験のなかから,実践にかかわることをどんどん発信してください!

そうすれば私の疑いはすぐにでも晴れますよ!

くれぐれも,「ああいうふう」にはならないでくださいね!

ところで、全く関係のない2人のブログをろくに確認も取らずに、自作自演だと決めつけて、不快な思いをさせたことはもうどうでも良くなってしまいましたか?

素直にそのことを謝れば相手の気持ちも晴れるのに、福沢諭吉がどうのこうの語って、自分は間違っていないなんて言ってるのは、体裁が悪いのをごまかして、ごねてるだけですよ。

それはあなたの行為が間違っています。嘘つきにはならないようにしてください。黙って聞くのも間違いを犯してしまった時の相手への謝罪の念の表し方です。
自分の嘘を自分で許していいと言ってるんですよね?

このあと、すみませんの一言で語ってくれると大変先輩の背中が大きく見えてくるのですが、、、。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嘘つきは,自分以外の嘘つきが大嫌い:

« 行事に熱が入る中学生が放つエネルギー | トップページ | 3つ以上のブログをかけもちする人 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より