ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 常に前を向いていこう~トラブル回避のための7か条~ | トップページ | ほんの一瞬の油断が・・・ »

私の夢(過去形・現在形)

 私の夢は,ぜいたくなものだった。

 月曜日は医師として病院につとめ,火曜日は実家で両親が始めた店の番をする。

 水曜日は中学校の教師として,木曜日は小学校の教師として,学校に通い,夕方は母校の高校野球のコーチに行く。

 金曜日と土曜日はプロ野球選手として,地元で行われる試合に出場する。

 日曜日は,社会科の教材を集めるための取材旅行に日帰りで出かける。

 われにかえると,・・・・子育てがいかに大変か,想像するゆとりがなかったことに気づく。

 1浪していた教え子が合格の報告に来てくれている。医学部への進学者がずいぶんたくさんになった。

 教育実習の「予約」に訪れた文学部,教育学部に在籍する教え子。

 教え子がコーチとして,野球部のめんどうをみている。

 夢では水曜日だけのはずの仕事を毎日するようになって,四半世紀近くになろうとしている。

 途中の3年間,想定外の「行政」の仕事をして,

 「教育」という仕事の難しさを「外」から見るようになり,

 これだけは「内」からでしか変えられないと思って,今に至っている。

 とにかくできるだけ早期に撤回すべきものが,「観点別学習状況の評価」である。

 「ゆとりのなかで生きる力を育む」などの「かけ声」は,外野の応援席だけで十分。

 やっていないことを,やっているつもりだなんて言い張るのはやめにしてもらおう。

 できないことはできない,やっていないことはやっていないと言える,

 正直な教師たちが増えていってもらいたい。

 昨日,ある研究会がまとめた冊子が届いた。

 何も前に進んでいない・・・というより,評価のしようのないところに埋没して行っている感覚に襲われる。

 ある調査で,「いかにできていないか」という証拠が集まりつつあるが,その出し方が問題である。

 とりあえずの私の夢は,

 日本の教育における「学習指導」が,

 「このままではまずい」という共通認識を全国民にもってもらいたいことである。

 韓国などの教師が日本に来ると,中学校の教師が部活動の指導を放課後にしていることに驚く。

 国際的に,教師が部活動の指導する,というのは,一般的なことではないだろう。

 胸をはっていいことかもしれないが,本末転倒とはまさにこのことである。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

« 常に前を向いていこう~トラブル回避のための7か条~ | トップページ | ほんの一瞬の油断が・・・ »

教育」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の夢(過去形・現在形):

« 常に前を向いていこう~トラブル回避のための7か条~ | トップページ | ほんの一瞬の油断が・・・ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より