ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 私の夢(過去形・現在形) | トップページ | はじめから「優秀」な教師はいない »

ほんの一瞬の油断が・・・

 職場の部屋の整理をしながら,高校野球の海南VS池田の試合を見ていた。

 すんなりと海南が勝ちそうな雰囲気だったが,

 同時に「何かが起こる」という気がしてならないのが春の選抜である。

 野球中継を耳にし始めてから,幾度となく

 「解説者が褒めているプレーヤーがヘマをする」場面に出くわしてきた。

 その逆に,「解説者がけなしてくれれば,活躍できる」なんて希望も持たせてくれた。

 今日の試合では,ショートゴロゲッツーで2死ランナーなし,あと一人・・・・・になるはずの場面で,

 「最もエラーしにくい打球」を処理しそこなってしまった。

 野球を長くやっているとよく接する場面で,「捕球の前に,次の動作に入ってしまう」結果として起こるエラーだった。

 すでに好プレーを幾度かしており,バットで先取点,追加点をあげている選手だったから,

 まさに「天国から地獄へ」と突き落とされた1プレーだった。

 スポーツの世界に限らず,

 「絶対にミスしないはずのところで,本当に致命的なミスが出る」ことをきっかけに,

 「ミスの連鎖」が生まれ・・・・ということが起こりうる。

 坂道を転がり落ちるように,運から見放されていく。

 起こってしまったことは取り返せないが,こういう場面は,次世代の選手(もちろん,まだ春の選抜だから,夏がある選手も含めて)に目に焼き付けてほしいところである。

 番組では,かつておこった「まさかの逆転劇」も紹介されていた。

 負けた側には,どうしても「詰めの甘さ」というものが目立ってしまう。

 勝った側にも,いくらでも「甘さ」はあったわけで,だから直前まで負けていたのだ。

 勝った側が,最もこの「出来事」を教訓とすべきなのかもしれない。

 「今年の卒業生は,大きな事故や事件もなくてよかった・・・」と振り返っている先生方も多いかもしれないが,よくよく検証しておくべきだろう。

 今は,指導要録の作成で区切りをつける時期である。

 どのような「言葉」を残してあげるのがいいか。

 基本的に,あとは「誰も読まない」ような指導要録だが・・・。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

« 私の夢(過去形・現在形) | トップページ | はじめから「優秀」な教師はいない »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほんの一瞬の油断が・・・:

« 私の夢(過去形・現在形) | トップページ | はじめから「優秀」な教師はいない »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より