ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「おれさま」たちの扱い方(その2 管理職編) | トップページ | 熊本発・教科書はなくても授業が成立することを証明 »

「おれさま」たちの扱い方(その3 子ども編)

 大人の中にも,「小学校時代から全く進歩していないのではないか」と思えるほど,「おれさま」度が高い人がいる。

 昔の子ども社会では「出る杭を打つ」機能があり,最終的に「おれさま」はその競争に勝ち抜いたごく少数の人間しかなれなかった。

 しかし,「いじめを許さない」学校の空気は,相対的に子ども一人一人の「おれさま度」を高め,「自分に一目おかない教師は,教師失格である」というわがままオーラを帯び始めた。

 学校ではときに,「おれさま」VS「おれさま」の抗争の処理が仕事となる。

 対立している「おれさま」には,自分の子どもの保護を絶対視した「おれさま」=保護者たちがついているから,対応にあたる教師は各個の主張を聞くのに時間を要する。

 いじめの問題等でも,「学校の対応の遅さ」が問題になることがあるが,事実関係の確認だけでもかなりの時間を必要とする場合がある。

 複雑な問題・・・中3の問題なのに,背景は小学校低学年までさかのぼることもある・・・だと,ノート1冊が聞き取りの結果だけで埋まる。

 当然,そこに書かれている内容は,相互に矛盾することが多くなる。「おれさま」も「おれさま」の保護者も,「おれさま」にとって都合のいいことしか言わないし,敵側に不利な話は捏造してでもぶちまけてくる。聞き取りをした後,簡単に言えば事実をつきとめるだけでも,膨大な労苦が必要となる。

 一方が外見的には「いじめられている」状況にあっても,全く別の安定的な「おされま」組織が入れ子状に存在することがあるから,1つの問題が発生した,といっても,背景には複合的な隠された問題があるという可能性も認識した上で,対応にあたる必要がある。

 「相手になったつもりで考えてみよう」なんていうアドバイスが全く機能しないのも,「おれさま」たちの特徴である。

 もし教師が短期戦でことをすまそうとしたら,「おれさま」をくすぐることで解決をめざすという方法がある。

 当事者たちを本当には救えない,まるで「教育的」ではない対処法だが,教室や学校の秩序が崩壊しそうな場合は,とにもかくにも「沈静化」しなければならない。

 教師は,「おれさま」の利益とは何か?を一緒に考える,というスタンスをとる。

 あまりにもえげつないので,プロセスを書きたくはないが,こういう方法に一番乗ってくるのが,保護者たちである。

 「おれさま」の格上げを目標とした指導である。

 その後,この「おれさま」がどのような挫折の道をたどるかは,あえて想像しないようにする。

 長期戦で臨む構えを見せて,「休戦宣言」を出すという方法もある。

 これは,「あなたにとって不利な証言がある」ことを伝え,「その証言の出所がどこか,信憑性がどうかを確かめるために,時間がほしい」ことを両者に伝える。さらに,「その証言が間違っていることを私の目で証明するために,しばらく日々の行動の様子を観察させてほしい」と言う。双方が納得してくれたら,

 実質的には「放置期間」の始まりとなる。

 多くの場合,この「放置期間」中,はじめはおとなしくしていた「おれさま」たちは,予定通り?の問題行動を起こし始める。最終的な和解に向けて,これらは重要な持ち駒となる。

 小学校の学級担任はこのような問題を一人で抱え込まなければならないから,多くの場合は「放置状態」となっていることが,中学校になって明らかとなる。

 中学校では,学年の教師たちの連携,生活指導部の中での対応,部活動の顧問間での情報交換によって,解決への道筋をつけていくことが多い。

 中学校の会議の時間が半端でなく長いのは,こういう問題に真摯に向き合っている証拠である。 

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

« 「おれさま」たちの扱い方(その2 管理職編) | トップページ | 熊本発・教科書はなくても授業が成立することを証明 »

教育」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「おれさま」たちの扱い方(その3 子ども編):

« 「おれさま」たちの扱い方(その2 管理職編) | トップページ | 熊本発・教科書はなくても授業が成立することを証明 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より