ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« ドラマ『明日ママ』の存続条件 | トップページ | スポンサーゼロの番組にかける意地 »

スルーすべき問題とスルーすべきでない問題が区別できない教師

 教育の仕事にストレスを抱えている教師を見ていると,その「不器用さ」が気の毒に思えてくることがある。

 若い時はみんな同じような経験をしているので,年配の教師からきちんとした「教育」を受けているかどうかの違いが大切なのかもしれないが,今のように学校規模が小さくなってくると,そういう機会に恵まれない教師も大量に生まれている。

 何度も繰り返すが,子どもの数が減っているのに,教師の数はあまり減っていない。学校の数も同様である。

 教師を減らせとは言わないが,学校の数は減らすべきである。そうでないと,

 「教師から教師へ」受け継がれてきた大事な財産が,そのうち完全に失われてしまう。

 そもそも「学級王国の壁」を高く築いてきた小学校教師にはこんな話が通用するわけもないのだが,

 中学校では「優れた教師」の指導をいくらでも目の当たりにできる環境がある。

 問題は,それを目にしても「自分のもの」にできない教師がいることである。

 マニュアルのように,これこれこういうケースでは,こうしなければならない,と教わらないと何もできない教師が増えている。

 残念ながら,それは子どもの状況にもよるから,Aに成功した指導がBにも成功するとは限らないのが,教育という仕事である。

 教師がストレスを抱えると,子どもにもそれは伝染する。

 こうして悪循環に陥るケースは,子育て経験のある人ならいくらでも想定できるだろう。

 子どもにストレスをかけない方がいいケースと,かけた方がいいケースの区別は簡単に説明することができないが,指導が下手な教師を見ていると,

 子どもから見て,「どうしてこれはスルーされるのに,こっちでキレるのか,理解できない」と不満に思われるような行動をとっている。

 この「ツボ」があまりに不規則だと,子どもなりに

 「あっちの方」の問題を予想し,かえって警戒して不用意な行動をとらなくなることもある。


 教師からみて「おかしい」子どもはもちろん多いが,

 教師自身が子どもから見れば十分「おかしい」存在なのである。


 単純に,「ウソは許せない」という気持ちは当然だが,

 どんなときに,どのようについた「ウソ」かによって,スルーできる場合もあれば,できない場合もある。

 スルーする,スルーしない・・・・どっちが正しいのか。

 最低限のアドバイスとしては,

 どんなときも「子どもから目を離さない」ことが重要である。

 子どもの反応をしっかりと見てとる。

 それができなさそうな人は,下手な声かけをしない方がよい。

 中途半端な指導は,子どもが教師の指導力不足,自信のなさに気づいてしまうという最悪の結果を招く。

 どんな時でも,子どもから目をそらなさい・・・・というか,

 心をそらさない。

 それができない人は,明日にでも教師をやめてもらいたい。

 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

« ドラマ『明日ママ』の存続条件 | トップページ | スポンサーゼロの番組にかける意地 »

教育」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スルーすべき問題とスルーすべきでない問題が区別できない教師:

« ドラマ『明日ママ』の存続条件 | トップページ | スポンサーゼロの番組にかける意地 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より