ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 謙虚な人間と謙虚でない人間の違い | トップページ | 小学校の社会科,もう少し「伸び伸び」できないか? »

教育界への「信頼」の糸を断ち続けている教師・教育関係者たち

 教育界が信頼されない理由の一つが,分かっていない人間が平気で分かったようなことを言うことにあります。

 教育現場から離れてしまうと,日々,子どもと向き合えないということが,最大の「退化」原因になってしまいます。

 現場経験のない大学の先生の中には,

 理論でうまくいくと思うなら,そのとおり,自分でやってみろ!

 と言われて,ごくまれにチャレンジする勇気のある人もいるのですが,

 1度くらいは切り抜けても,そもそも仕事のかけもちができるわけもなく,理由をつけて逃げ出してしまう。
 
 「教育学はエセ学問だ」と考える「実践家」が多いのも無理もないことなのです。

 日々,子どもたちと向き合っている人間だから言えることと,

 「それ」を言ってはいけないと判断できることがあるのです。

 教育現場で,本当に「お荷物」だったことが分かってしまう人がいる。 

 子どもが「反発」するのは,ちゃんと理由があるのです。

 「指導力のある人」が「反発」されず,「指導力のない人」が「反発」のターゲットになっている例は,どの人でも経験から思い浮かべることができるでしょう。

 「指導力のある人」から学ぼうとする意欲のない人は,「指導力って何のことだ」ととぼけて,自分と相手の何が違っているかをまともに考えようとしない傾向があります。

 「自己評価能力」の欠如というのは,人から信用されない原因の一つであることに気づけない。


 近年,授業の展開はともかく,

 長いスパンで考えるべき子どもの指導を単線系のモデルで考える人はいません。

 スパイラルがモデルとして使われますが,

 それも分かったようで分からない。

 学習に「終わり」はありません。

 「始まり」は,いつでも訪れます。

 子どもたちはもちろん,教師たちにも,問い続ける態度が必要です。

 「教育的ナントカ」と訳が分かっているようなことを書いても,

 結局,自分が手抜きをするための口実にすぎないことがわかってしまう。

 失敗したら,子どものせいにする。

 こういう苦い思いを経験したことがある大人世代の人もたくさんいるはずです。

 教師の中で,生徒に心から信頼されている人は,実質的にどのくらいいるのでしょうか。

 親にも相談できないことを子どもから相談される教師はどのくらいいるでしょうか。

 子どもはいずれ自立しなければなりません。

 が,そのためには,頼るべきときに頼るべき人が近くにいることは大切です。

 教師は,自立しなければなりません。

 自分を頼りに教育できる,そんな教師でありたいものです。

 社会科は,未来の社会をよりよく生き,よりよく変えていってくれる人を育てたいのです。

 しかし,その社会科も学ぶ学校の教師が,社会科で学ぶべき姿とかけ離れた状態であることはおかしい。

 今日も見たくもないニュースを目にすることになってしまいました。

 実名を挙げられた教師にも,親がいたり,子どもがいたり,配偶者がいたりするわけです。

 本人以外が背負っていくものの重さは,はかりしれません。

 被害者も同じです。被害者にも,親がいる。将来は,被害者も親となる。

 とても悲しい現実です。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ  

« 謙虚な人間と謙虚でない人間の違い | トップページ | 小学校の社会科,もう少し「伸び伸び」できないか? »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育界への「信頼」の糸を断ち続けている教師・教育関係者たち:

« 謙虚な人間と謙虚でない人間の違い | トップページ | 小学校の社会科,もう少し「伸び伸び」できないか? »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より