ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 『明日ママ』は文字通りの「問題作」か,「話題作」か? | トップページ | 「自分」「自分」「自分」・・・の大氾濫 »

「フィクション」によってズタズタにされる子どもたち

 台本の内容が,完全に「大人の作文」であることがよくわかるドラマがある。

 子どもが台詞を覚えてしゃべっているが,それを当たり前の言葉のように思ってしまっていくのが,職業人としての子どもの悲劇である。

 フィクションなら許される,なんて話が通用すると思っている人がいる。

 いじめをしている子どもが,「本気じゃなかった」「そのつもりじゃなかった」といって

 「許されて当然」という姿勢でふんぞりかえっているのは,そういう社会で育てられたからだろう。

 「抗議は織り込み済み」なんて態度で教師の指導を受け入れない「子ども」が生まれてくるかもしれない。


 研究授業,公開授業でしか,普通は他校の先生の授業を参観できない。

 そういうとき,多くのケースで,「フィクション」に出会う。

 つくりものの世界が広がっている,という感覚に襲われる。

 授業研究を,ひたすら教師目線で研究する人たちがいる。

 その真逆で,ひたすら子ども目線で研究する人たちがいる。

 両方とも,フィクションである。

 実態をつかんでいそうで,全くの的外れの議論になることがあるのは,

 それがフィクションに基づいた話だからである。
 
 そのうち,教師の目線を実際の映像で追いながら=生徒を見ながらの授業研究が,はやりだすだろう。

 フィクションから脱出するための方法の一つである。

 しかし,授業は,教師と子ども,子どもと子どもとの間でつくられるものである。

 ・・・・そもそも,学校での子どもの姿はフィクションにすぎない,という面もある。

 だから,それを前提とした研究でよいのではという考えもあろう。

 しかし,「偽物」をすぐに見分ける教師たちにとって,

 フィクションをフィクションのままでおくことは使命感が許してくれない。

 子どもに「演技をさせない」真剣さが教師には求められている。

 私も,「この演技はくさいな」と自分で思いながら生徒に話をすることがあるが,

 すでにそういう自分には,指導をする資格はないなと思い始めている。

 教育は,フィクションであってはならない。

 わかったようなことばかりが書いてある雑誌に目を通さなければならないのがつらい。

 「嘘つき」とまでは言わないが,40人中,5人や6人くらいがまともな反応をするような授業のどこが

 「すばらしい」のか?
 
 34~35人にとっての授業は何だったのか?
 
 ドラマのなかの話だけではない。

 子どもたちはフィクションによってズタズタにされている。

 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

« 『明日ママ』は文字通りの「問題作」か,「話題作」か? | トップページ | 「自分」「自分」「自分」・・・の大氾濫 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「フィクション」によってズタズタにされる子どもたち:

« 『明日ママ』は文字通りの「問題作」か,「話題作」か? | トップページ | 「自分」「自分」「自分」・・・の大氾濫 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より