ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 批判的精神を養うためでなければ,「詰め込み歴史教育」は逆効果になる | トップページ | 明治初期の人々に心をよせながら »

文部科学省が検証すべき大問題 ~無免許教師の指導力~

 静岡県の中学校における「無免許教師の英語指導」がニュースになっていたが,

 多くの人が,「無免許教師の実力」自体にあまり疑問を投げかけないばかりか,

 「教えるのが上手な人,生徒から人望がある人の方が,免許があるけど教えるのが下手な人,生徒からの人望がない人よりよほど教育力・指導力があると言えるのではないか」

 ということに気づき始めている事態を問題として取り上げたい。

 「塾の先生」のように,限られた教材を限られた人数で指導する場合は,

 免許がなくても指導の効果が認められることは言うまでもない。

 しかし,「学校の先生」として,「英語の授業」を無免許ながら担当させられて,

 免許を持った教師と同等の指導ができてしまっていたとしたら,

 「そもそも免許は何のためにあるか」と思われて当然だろう。

 教師にはなっていないが,教員免許をもっている,という人は少なくない。

 そういう人が,採用試験なしでぱっと現場に送り込まれて,教えられるか,と言えば,

 よほどの海外経験とか,実務上で英語に常にふれていた,ということがなければ,難しいに違いない。

 また,学校現場では,採用試験に合格していない教師たちが,

 「非常勤講師」などとして活躍している。

 この教師たちは,教員免許はもっているが,採用試験には合格していない。

 子どもたちに,10分ほどの模擬授業のVTRを見せてから,教師を自由に選べる権限が認められるとしたら,どういう人を選ぶだろう。

 迷いもなく,「教え方が上手」だという印象をもてた人を選ぶだろう。

 管理職から見て,信頼できる教師もいる。学力調査などによって,「実績」が証明されている教師もいる。

 「教え方」ではなく,「学ばせ方」が上手な人も,教育現場にはたくさんいる。

 小中学校段階では,「教える内容の知識」も大事だが,「学ばせ方」の方がより大事であることを,教育に本当の意味での関心を持っている教師たちは気づいているはずである。

 「免許更新講習」の無意味さは,そう遠くない未来に露呈されるだろう。

 大教室に押し込まれて,一方的な話を聞く,というスタイルは,もはや「終わっている授業」である。

 それよりも,「10年経験者研修」を残すべきである。さらに言えば,「20年経験者研修」を増設してもよい。

 特に20年たって,初任者の段階と指導力がほとんど変わらないような教師が,免許更新講習でかろうじて「資格をもちこたえさせる」ことに,何の意味があるだろう。

 教師の日常的な授業の実態を,ぜひ明らかにしていってほしい。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ  
 

« 批判的精神を養うためでなければ,「詰め込み歴史教育」は逆効果になる | トップページ | 明治初期の人々に心をよせながら »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

教員の評価」カテゴリの記事

教員研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文部科学省が検証すべき大問題 ~無免許教師の指導力~:

« 批判的精神を養うためでなければ,「詰め込み歴史教育」は逆効果になる | トップページ | 明治初期の人々に心をよせながら »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より