ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「貧しいと心が蝕まれる」という感覚の人は教師をしてはいけない | トップページ | 英語教育や道徳教育よりも重視すべきこと »

すき焼きよりおかゆの方が体にいい

 マクドナルドが閉鎖した従業員専用サイト。

 本家本元が言うのだったら,間違いはないだろう。

 砂糖が大量に含まれている飲み物をセットで注文すれば,さらに・・・。

 昔の人は,貧しくて「さつまいも」を食べていた,と歴史の授業で教えるが,子どもたちにはぴんとこない。

 私なども,「石焼き芋」は,けっこう高価な「ごちそう」に思える。

 学校の校庭だけでなく,国会議事堂の前が畑になった時代は,今と比べれば「貧しい」時代だったと言えるだろう。

 しかし,「それが当たり前」「それでも満足」という感覚で生きてきた人は少なくないはずである。

 もしこれからの「道徳教育」を実践レベルで具体的に考えていくのであれば,

 「美徳」の価値を十分に実感できる教材を用意していきたい。

 そのとき効果的になるのは,「醜悪」な感覚の持ち主の具体的な言動の事例紹介である。

 「貧しいと心が蝕まれる」・・・・戦後間もない時期の日本人は,「心が蝕まれていた」のか?

 「心が蝕まれた」結果,あの「高度経済成長」が実現したのか?

 もちろん,そう言える面を探せば,

 「工場が付近の住民の健康を害しても,うちのせいかどうかわからないから,ほっとく」

 みたいな態度は,貧しい心そのものである。

 それが生んだ悲劇が水俣病などの公害病である。

 しかし,これは,「豊かさを追求する」過程での弊害であって,

 「経済的に貧しいまま」であれば,起こらなかった問題かもしれない。

 道徳教育に価値を見いだすとすれば,

 進歩だの発展だの成果だの,そういう「上昇志向」的な価値ばかりを追い求めている自分たちを

 一歩下がって冷静に見つめる目が育てられることにある。

 「本当にそれで幸せか?」

 という問いを自分に投げかけたとき,「高価なものの方が価値が高いに決まっている」などと言うような自分を戒めることができるようになる。

 腸炎で入院していたとき,点滴がはずれて最初に口にした「おかゆ」のおいしさは,それまで食べたことがあるどんな食べ物よりも際立っていた。

 「ありがたい」と感じる人間の心のはたらきが,どんどん鈍くなっていっている。

 それをどうにかしたい,と感じている人間に,ぜひ,道徳教育の構想を練ってもらいたい。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

« 「貧しいと心が蝕まれる」という感覚の人は教師をしてはいけない | トップページ | 英語教育や道徳教育よりも重視すべきこと »

教育」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すき焼きよりおかゆの方が体にいい:

« 「貧しいと心が蝕まれる」という感覚の人は教師をしてはいけない | トップページ | 英語教育や道徳教育よりも重視すべきこと »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より