ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 中高英語教師の海外留学必修化 | トップページ | 中学生にも笑われる文部科学省の貧困な発想 »

おとぼけぶりが半端ない・・・結局は「無視」できなかった理由とは?

 教師のなかには,ユーモアのセンスがゼロではないかと思える人がいる。

 子どものころは,たいそういじめられてきたのではないかと気の毒になるのですが,

 当然,教師になっても「いじめ」の標的になってしまう。

 もちろん,子どもからの。

 教師も一応社会人だから,もう「気の毒」ではなくて,「自分で何とかしろ」と言いたい。

 ・・・・でも,今はそういうことも言えないご時世になってしまったようです。

 「不登校」になってしまった教師を,その学校の教頭先生と実のお母さんとで何とかなだめ,学校に来させる。

 授業はできないが,とりあえず「出勤」させる。

 教師まで「教育」の対象になってしまっている学校があるのには驚きました。

 ユーモアがどうとか書きながら,全くユーモア感覚のない記事ばかり書いている人が,

 ようやくツボを刺激してくれるような「ボケ」ぶりをかましてくれたのが,今日の注目記事でした。

 ユーモア感覚はゼロでも,

 究極の「ボケ」には笑えるんです。

 子どもは,笑われていることに気づけない教師には大喜びでついていく。

 「いじめ」には多少の「罪悪感」がつきものですが,その箍を外してくれるほどの「ボケ」ぶりに出会うと,本当の「遊び」に発展していく。

 これをお読みの先生方にも,保護者の方にも,そういう先生に出会った経験があるでしょう。

 子どもにとっては,とても有用な精神安定剤になる。

 ただそれは,非常に貧困なる精神をお持ちの子どもだけに限ります。

 本人がいじめられていることに気づかないのをいいことに,

 やりたい放題の人間たちへの嫌悪感を抱く子どももいる。

 このブログの世界では,そんな人は読者にいないと信じて,

 これからも活躍を願うという人もいるでしょう。

 しかし,私としては,やっぱり許せない。

 周期的に登場する「裁判ネタ」は,本当に行き詰まった時のサイン。

 それがいつの間にかケロッとして,また次の「周期」に入っていくことの繰り返し。

 ただ今回は,せっかくの「無視」テーマの記事に,

 自ら「わざととぼける」という「決定的な証拠」を残してしまった。

 それは結局,「無視」できない理由があるからですね。

 なんだか今の教育問題の闇が一人に凝縮されているような印象さえある。

 追究せざるを得ない「テーマ」です。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ

« 中高英語教師の海外留学必修化 | トップページ | 中学生にも笑われる文部科学省の貧困な発想 »

教育」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

まったく同じことを読み取りました。
たくさんお伝えしたいことはあります。
とりあえず感謝し続けていることだけ。
こちらはあれをネタに魑魅魍魎の世界。
またご連絡させていただきます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 中高英語教師の海外留学必修化 | トップページ | 中学生にも笑われる文部科学省の貧困な発想 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より