ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 中学生にも笑われる文部科学省の貧困な発想 | トップページ | 強力な「いじめ対策」で完成する「身勝手人間」の天下 »

会社を辞めてすぐに教員になるより,子育てを終えてから教員になった方がいい?

 教育現場にいると,残念ですがあなた,教員には向いていませんね・・・という人がいる。

 教師から見て,「教員に向いていない」と思われてしまう人の特徴とは何か?

 それは,人と協力して仕事ができないタイプ。

 若い教師は,今,みんなコンピュータを活用できますよね。

 学校でもそれなりのことを習っているから。

 レポートは手書きだけ,という大学時代を過ごした人は少数派でしょう。

 「コンピュータが得意なんだ,じゃあ,成績処理お願いね」

 なんて事務作業要員にまわされた人,まずは,
 
 「教員に向いてない人」に見られてしまったことを疑ってかかりましょう。

 「教員らしい人」に見られると,すぐに生徒を動かす仕事を任されるようになります。

 人と協力して仕事ができる人は,子どもにも人と協力して仕事を進めることを教えることができる。

 私がちょっと心配しているのは,IT企業を辞めて小学校の教員になることが決まったという人です。

 今までに,同じようなタイプで,即刻「ダメ教員」判定が下された人を見たことがあります。

 取り越し苦労であってほしいものです。

 電子黒板などを使って授業をすると,

 「今の時代の教育は,こうなんだ!」などと

 ど素人の親をだますことはできる。

 けれど,子どもは正直者。

 「成果がでない」という「成果?」をおかえししてくれます。

 「教員に向いてない人」に見られる多くのケースは,

 自分の力不足を異常に悔いる人,

 自分の力不足を子どものせいにする人,

 自分の力不足に全く気づけない人,気づこうとしない人・・・などいろいろ存在しますが,

 概して,真面目なのはわかるのですが,

 ろくでもない知識をすぐに教育現場で試そうとする人に多い印象があります。

 やる気はあるのはわかりますが,「教員」という自意識が過剰で,子どもの微妙な「表情」が読めない,心の「訴え」が聞こえてこない,その繰り返しで,やがて「崩壊」を迎える。

 「崩壊」理由に心当たりがない,ということほど,ダメージが大きいものはない。

 こういう場合,早く結婚して,子育てをして,それから教師になった方がよいのではないか?

 ・・・・なんでこんなことを書くかというと,学級がコントロールできなくなる教師の共通項が・・・・

 もう,よしましょう。

 後ろ向きのことばかり考えても仕方がない。

 でも,ある先生が保護者に罵倒されていた,その言葉が耳から離れない。

 「子どもを産んだこともなくて,偉そうなこと言うんじゃないよ!」

 ・・・その先生は女性でしたけど,そもそも男にはできないことだし・・・。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ 

« 中学生にも笑われる文部科学省の貧困な発想 | トップページ | 強力な「いじめ対策」で完成する「身勝手人間」の天下 »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 中学生にも笑われる文部科学省の貧困な発想 | トップページ | 強力な「いじめ対策」で完成する「身勝手人間」の天下 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より