ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 内田樹の『憂国論』と教育 ~その3 教育危機の本質~ | トップページ | 教師と子どもの意思疎通のズレは,そんな程度のものではない! »

「わかりやすく病」と「好きにさせなきゃ病」の合併症で子どもの学力が低下する

 わかりやすく話すことは,教師にとって基礎的な技能である。

 しかし,それは「レベルの低い内容を話す」ことではない。

 中学校や高校はともかく,小学校の教師には,高いレベルの話をする能力は必要ないのではないか,と思われる人がいるかもしれない。特に,小学校の教師の中に。

 もう何十年も前から,小学生は家庭で大人向けの情報にひたりきって育ってきた。もちろんテレビのことである。

 最近は聞かれなくなったが,PTAが低俗番組への抗議を行うことがあった。

 「こんなのは子どもに見せられない」と。

 そういうのを喜んで見ているのは子どもより大人の方かもしれないのに。

 勘違い教師が受け持ちになってしまうと,子どもは教科書という狭い世界の枠内のみの言葉しか耳にすることができなくなる。

 そんなことでは本当の「勉強好き」は生まれない。

 小学校のころに,中学校,高校で学ぶことのおもしろさを語れる教師はどのくらいいるだろうか。

 「中学校,高校の勉強は難しいよ」などという「脅し」しかできない教師は山のようにいるかもしれないが。 

 小学校教師自身の「学力」が問題視されるようになるまで,それほどの時間はかからないだろう。

 本当の意味での「学力向上」が必要なのは,学校の教師である。

 そもそも小学校の教師になる人の「基礎学力」とは,どの程度のものなのか。

 私は立場上,小学校の教師向けの教育書を手に取ることが多いが,中には,高校受験の参考書よりも,小学生向けの通信添削の教材程度(印象的にはさらにそれ以下)の本が見られる。

 挿絵がたくさんあり,文字が大きく,内容が乏しい。

 編集者の人に聞くと,「こういう本ほどよく売れる」というのだから,驚きである。

 小学校の教師の多くは,難しそうな本は手に取っても読むのをすぐにやめてしまうそうだ。

 (もちろん,これは別の校種の教師にもあてはまることだろうが)

 私の造語で表現すれば,こういう教師は

 「わかりやすく病」にかかっている。

 もう一つの「好きにさせなきゃ病」との合併症を併発していることが多い。

 誤解されるのをあえて考慮せずに書くと,

 小学生は頭が悪い=難しいことを言ってもわからない=やさしい言葉で説明してあげなければならない

 という発想である。

 私なりの考えはこうである。

 小学生の頭はやわらかい=難しいことでもどんどん吸収できる=やさしい言葉で励ましてあげればどんどんついてくる

 小学校の教師は言う。

 「小学生は抽象概念を操ることが苦手だ」と。

 そんなもの,大人だって苦手な人は少なくない。

 では,いつも具体的なものばかりで考えていたら,いつかは抽象的な思考を自ら発揮できるようになるのか?

 「権威」や「正義」は小学生にとって理解できないものなのか?

 とんでもない。

 大人の都合で,小学生に「理解させたくないことがある」のは,教師として理解できる。

 しかし,どんな小学生でも,自分の学力を高めたくないと思っている子どもは一人もいないことを知っておいてほしい。

 わざわざ説明しなくてもわかるような「わかりやすい言葉」を,小学生は期待しているのだろうか?

 「わからない」=「嫌い」という単純な「感情回路」しかもっていないのは,

 小学生ではなくて教師の方ではないのか?

 それが,「好きにさせなきゃ病」がもたらす「感情回路」の一つである。

 「わかりやすく病」との合併症は,

 わからないと思わせたくない→だれでもわかること=言わなくてもいいことしか,話せない・・・

 これでは学力は向上しない。

 ほっといても子どもの学力は上がるが,

 「向上」はしない。

 
 「わかりやすく病」や「好きにさせなきゃ病」の実態は,これまでも述べてきたが,

 どんなに高いハードルを用意しても,必ずそれを超えようとする子どもがいる。

 こういう子どもを教師は大切にしなければならない。

 「向学心に燃えた子ども」が浮かないように,教師は最大限の配慮をすべきである。

 向学心の炎をもらって自らも光を発しだす子どもを増やすような配慮を教師はすべきである。

 教室は,教師と子どもの1対1で学習する場ではない。

 教師が子どもと1対40で学習する場でもない。

 子ども1人と子ども39人の,子ども2人と子ども2人の・・・など,規模と組み合わせは有限の時間の中で,ほとんど無限に存在する。

 子どもによい影響を与えるのは教師よりも子どもたち自身である。

 そのお膳立てをするのが教師である。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ

« 内田樹の『憂国論』と教育 ~その3 教育危機の本質~ | トップページ | 教師と子どもの意思疎通のズレは,そんな程度のものではない! »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

言語活動の充実」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 内田樹の『憂国論』と教育 ~その3 教育危機の本質~ | トップページ | 教師と子どもの意思疎通のズレは,そんな程度のものではない! »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より