ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 川勝平太知事の悲痛な叫びでよくわかった静岡県教委の問題点 | トップページ | 英語教育にこだわるたわいのない理由 »

ツボにはまると全否定にまわる人たち

 なぜ「論理的」な人の「論理的」な話で組織を説得することができないのか?

 企業に限らず,どの集団でも,言葉の論理だけでは割り切れない思いがする問題というのが必ずあります。

 世の中,単純な決まり事を守っていれば,何でもうまくいくというものではありません。

 「複雑系」という言葉がいつから使われ出したか調べていないのですが,

 「大切な何か」が「論理」からは抜け落ちてしまっている,という「感覚」,それこそが,

 単純な論理に基づく「危うい決定」を避けるために人間がもっている重要なものなのです。

 しかし,「論理絶対主義」とでも呼べるような,「大切な何かが失われている感覚」を無視できる人間というのが,
 
 組織には必ずいます。

 こういう人間には,機械いじりだけさせておくのがベストなのですが,

 会議では当然,発言は許されますから,その「絶対主義」ぶりが露呈することになります。

 「校長の命令だから,出張する」・・・・それを拒否すれば,「職務命令を違反した」ことによって,

 処罰される可能性があります。

 しかし,「小学生の授業を自習にして,出張する」というのが,市民感覚として許されるのか?と言えば,

 保護者なら「絶対にそんな出張は許せない。もし子どもに何かあったら,だれが責任をとるのか?」という思いになるのです。

 なぜ授業がある日に,出張しなければならないのか?

 自分の「職務専念義務」が「免除」されることによって「出張」が可能になるわけなのですが,

 「免除」される正当な理由が,「教育委員会からの依頼」だけで,本当にいいのか?

 やはり,おかしいのではないか?

 これが,「教育」を仕事とする,

 「子ども」を相手にして仕事をしている,

 教師としてのまっとうな「感覚」なのです。

 悉皆研修の初任者研修のように,はじめからわかっている出張でも,

 「現場を離れることのやりきれなさ」を抱いていた人は多いと思います。

 しかし,「出張命令」が下るのだから,仕方がない。

 でも・・・・。

 そうです。生徒間のトラブルや,心を痛めている生徒のためを思えば,

 本当に,その教師が学校に必要な場面であっても,「命令」である以上,出張しなければならない。

 ・・・・しかし・・・・という感覚が,実は命令を出している校長自身にもあるわけです。

 子どもからみれば,

 「あいつは理屈だけで感情がない」

 という目で見られることになり,「大人の便利な言い訳」として「論理」を忌避するようになるかもしれません。

 「きまりはきまりだから」では,

 子どもの教育なんてできません。

 そもそも「論理絶対主義」の人間には,「道徳の授業」なんて不可能でしょう。

 「論理」では当たり前でも,「何か違うかも」という感覚を呼び起こす題材が多く,だからこそ

 「教育」の対象になるのです。

 「命令なんだから従え」では,道徳もくそもないわけです。

 


 「1+1=2」というレベルと,

 「出張命令に従う」というレベルは,

 違うものであるという認識がない教師は,平気で子どもを見捨てられる人間なのです。

 学力が他の県よりも低い静岡県の「習慣」がどうなっているか知りませんが,

 子どもが見捨てられていないことを祈るばかりです。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ

« 川勝平太知事の悲痛な叫びでよくわかった静岡県教委の問題点 | トップページ | 英語教育にこだわるたわいのない理由 »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツボにはまると全否定にまわる人たち:

« 川勝平太知事の悲痛な叫びでよくわかった静岡県教委の問題点 | トップページ | 英語教育にこだわるたわいのない理由 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より