ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「ほこたて」と「表示と異なる食材の料理」との違い | トップページ | 知事や市町村長による教育委員会批判は大いに進めるべき »

粘着質のいじめの見本

 ある誹謗中傷専用ブログがまた息を吹き返した。

 ということは,攻撃相手のブログが再開したからだろうと確認してみたら,その通りだった。

 私のブログと勘違いして攻撃された伊東先生には,たいへんなご迷惑をかけてしまった。

 こちらのブログを長く読んでいただいた方には,「ああ,あの人のブログね」とすぐにおわかりいただけると思うが,伊東先生に対する恨みは相当に深いようで,あいかわらず徹底的にこきおろして楽しんでいる。

 内容はゼロである。2チャンネルならともかく,FC2ブログで継続しているのはすごいことである。

 同じようなレベルの惨いブログはさすがにFC2ブログのなかでも他にはないだろう。

 タイプミスの傾向が「本尊」と全く同じなのはご愛嬌としても,

 こういう粘着質の個人攻撃は,

 教育の立場からすると,それが生徒対生徒でも起こっているわけだし,これからも増え続けるだろうと思われるから,その対処法も含めて,参考にすべき「教材」となっている。

 それだけ簡単に,相手を不快にさせることも,追いつめることもできるのがネットいじめの恐ろしさである。

 道徳の授業では,こんなことしか書けない人への憐憫の情というのを引き出すことが可能である。

 いじめをしている本人自体が最も惨めで哀れな存在であるということは,「いじめ問題」を語る上では常識となっている。

 被害者というのはあたたかい救済の手がさまざまに考えられるが,加害者は救いようがないのである。

 ネット犯罪について私の学校で講演してもらった警察署の方は,

 「犯人はすぐ特定します」

 と力強く語ってくれたが,

 わざわざインターネットの知識をひけらかして,

 本人かどうか,ばれないようにできる,

 なんて自分で書いてしまっているのがその「ご本尊」である。

 昼間は学校に通っている生徒はともかく,

 ひまをもてあましているネット依存症の方は始末が悪い。

 自分で自分のブログに自作自演コメントを入れるほど「孤独」な人を救えるのは,だれだろうか。

 「教育」の話をしたいのだが,今のところ,過去の私の経験では,それは「失敗」の連続であった。

 相手の思考回路が壊れている,というかたちでの議論の打ち切りをされるようでは,教育者としては立つ瀬がない。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ 

« 「ほこたて」と「表示と異なる食材の料理」との違い | トップページ | 知事や市町村長による教育委員会批判は大いに進めるべき »

教育」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 粘着質のいじめの見本:

« 「ほこたて」と「表示と異なる食材の料理」との違い | トップページ | 知事や市町村長による教育委員会批判は大いに進めるべき »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より