ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« ツボにはまると全否定にまわる人たち | トップページ | 学力調査の分析(東京都教育委員会)を一歩進めて »

英語教育にこだわるたわいのない理由

 文科省の基本的な思考回路は,

 「国際標準を満たすかどうか」が基準になっている。

 日本の個性を伸ばす発想ではなく,

 外国人から見て(もう少し分かりやすく言えば,アメリカ人から見て)

 どう思われるかが一番大事なのである。

 だれに聞かれるまでもなく,

 英語がまもとに話せない(というより,英語によるコミュニケーションをとる必要のない生活を送っている)人たち)と英語で会話しても,それは実質的には日本人同士のたわいのない挨拶や遊びに過ぎないのである。

 したがって,教わっている人間も,まともに英語を話せるようにはならない。

 今の小学校の外国語活動がそれである。

 ただの時間の無駄としか言いようがない。

 どうしようもなくなったので,教科に格上げしようとしているらしい。

 そして「遊び」は小学校3年生から開始する。

 小学校5,6年生では,成績もつける。

 成績をつければ勉強するだろう,とは,いかにも教育者ではなく事務方の考えそうなことである。

 日本人は,本当に「失敗」に懲りない性分をもっている。

 繰り返し書くと,

 英語によるコミュニケーションは,英語を日常的に使っている人たちと練習するならわかるが,

 日本人同士で英語を使っていても,本当の英語のコミュニケーションをとることができるようにはならない。

 長くやれば話せるようになるか,使えるようになるか,と言えば,

 それはそうやっても話せるようにも使えるようにもならない大人に聞くのが一番早い。

 小3英語教育開始に反対意見が出るのは当然である。

 「おもてなし」の心と「英語を話せるようになること」は別物である。

 おそらく文科省が小3から導入しようとしている英語教育が,

 必要であると感じている保護者は,小学校入学前からやっている。

 そういう教材が何種類かあるのだ。

 小学校にいる人間で,英語で遊ぶ暇があるのは校長先生くらいだろう。

 いっそのこと,校長はすべて英語圏の人にしてしまったらどうだろう。

 教員は,いやでも英語が使えるようにならないと,会議も成立しない。

 子どもたちは,毎朝,集会で校長先生と英語であいさつし,英語で遊ぶ。

 昼休みも,英語で遊ぶ。

 放課後も,英語で遊ぶ。

 英語で話せばすむようなレベルの内容の話しか,日本語でもできなくなってしまった将来の子どもたちが目に浮かぶようである。

 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ

« ツボにはまると全否定にまわる人たち | トップページ | 学力調査の分析(東京都教育委員会)を一歩進めて »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語教育にこだわるたわいのない理由:

« ツボにはまると全否定にまわる人たち | トップページ | 学力調査の分析(東京都教育委員会)を一歩進めて »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より