ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 保護者からの「学力調査結果」の見方 | トップページ | 「圧倒的に」正しい財務省~教員の数を減らすのは何の問題もない »

小学生にとってどちらが「可哀想」なことか?

 京都新聞が昨日配信したニュースによれば,滋賀県高島市が小学校の統廃合を行う方針案をまとめたということである。

 小学生にとって,通う学校が地域にない,というのは気の毒だと思うが,では,

 児童数がたくさんいる遠い小学校と,

 全校で児童が6人(学級は2つ)しかいない小学校では,

 どちらが「可哀想」な状態なのだろうか?

 私は,国立や私立の小学校に電車で通っている子どもたちを「可哀想」だと思っている。

 しかし,全校児童数が6人の小学生が「可哀想」と思うのとは全く別次元の話である。

 極小規模の小学校を見てきた経験からすると,

 自分以外に児童がいないか,いても1人か2人という状態で6年間学んだ子どもは,ほとんど個人教授なのだから,文科省やいろんな教育関係者の考えにしたがっていえば,学力をつけるチャンスには恵まれていると思われるが,多くの人々が経験している,運動会や学芸会などの学校行事とか,クラスでの話し合いとか,けんかとか,そういうものにふれずに大人になる子どもには,憐れみを感じることだろう。

 極端な話だが,町や村の境界をなくして,大きな学校をつくる,というのも今後は選択肢に入れてもよいだろう。

 学校規模が極端に小さいところでは,教員も成長しにくい。

 子どもも成長しにくい。

 親はそんなことを重々承知しながら,地域の人たちの大きな期待を背中から受けている。

 そういうプレッシャーを感じている親から,地域の「宝物」である子どもは,

 さらに大きな見えないプレッシャーを感じているはずである。

 何しろ,地域のおじいさん,おばあさんにとって,少ない児童たちが「芸」を披露する学芸会などは,楽しみでしかたがない。

 「たくさんの人に見守られて幸せ」というのは,大人の側からの一方的な感情かもしれない,と立ち止まって考えるゆとりがほしい。

 統廃合は,どんどん進めるべきである。

 極小規模からある程度の規模の学校に転校すると,不適応を起こす子どももでてくる。

 そういう子どもの教育には,学校は非常に多くの労力を必要とする。

 そういう労力は,学校の時代にしかしてもらえない,ということを親は覚悟しておかなければならない。

 社会の側は,「極小規模の小学校」に適応できるが,

 小学生の側は,「その後の厳しい人生」に適応する能力を育まれないまま,大人になってしまう可能性があることを決して忘れてはならない。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ
  

« 保護者からの「学力調査結果」の見方 | トップページ | 「圧倒的に」正しい財務省~教員の数を減らすのは何の問題もない »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

小学校では,子どもが直接ふれあえる教師がごくごく限られているのが気の毒ですね。

今の学校現場で押し付けられているのは、適応じゃなくて「迎合」にすぎないようで・・・

隠蔽や虚言、捏造なんかやっている企業、ホテルなんかを見ていると、幼いころから卑劣な大人たちを学校で見させられてきたからかなあ、と思ってしまう。
反面教師にするしかないけどね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学生にとってどちらが「可哀想」なことか?:

« 保護者からの「学力調査結果」の見方 | トップページ | 「圧倒的に」正しい財務省~教員の数を減らすのは何の問題もない »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より