ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 教職への不適応の原因は子ども?大人? | トップページ | 朝日新聞も覚悟した学力調査の結果公表 »

行政の仕事の意義を教えてくれた教育委員会時代

 教師は子どもを歓迎しているが,子どもは教師を歓迎するとは限らない。

 そこにいて当たり前の存在だし,特に細かいことにうるさい教師は歓迎されない。

 しかし教師は指導を通して,子どもの見方を一変させることができる存在である。

 こういう関係になりにくいのが,

 教育委員会と教師の関係である。

 教育委員会といっても,教師と最も身近に接することができるのは,

 同じ教師の指導主事である。

 教育委員会の事務方と一般教師が接することは,ほとんどない。

 仕事の関係上,現場の教師と苦労をともにして,問題の解決にあたり,

 現場から強い信頼を得ている指導主事もいる。

 しかし,教育委員会と教師の関係は,基本的に「一方通行」になりやすい「体質」である。

 「昔気質の教師」の中には,指導主事と聞いただけで虫唾が走る,教育委員会の犬め,などと言う人もいる。

 私自身は校長から管理職試験を薦められるまで,教育委員会についてはほとんど興味がなかった。

 実際に指導主事になって第一に思ったことは,

 自分が指導主事になるまでに学んだことは,一般の教員も普通に学んでおくべきだ,

 ということである。

 たとえば「教育法規」なんて,採用試験のときに勉強したじゃないか,と思われるかもしれない。

 しかし,経験を重ねていくうちに,そもそも法規というものがどういう意義をもっているものかに気づけるような「仕事の蓄積」ができていく。問題は,その「蓄積」が「法規の意義」と有機的に結びつく機会をもっていないために,「今,自分がしていることの価値」に気づけない,という「もったいなさ」が生じていることである。

 指導主事は,今,実行されている政策が,いつの,どの法律や答申に基づいているものか,説明できなければならない。

 中教審の第二次答申ではこういうことが求められていた,などと,イメージできなければならない。
 
 それは,実行されている政策の意義を説明し,納得してもらうためである。

 時代は変化のスピードを加速させてきている。

 だから,「覚える」ことも多くなっているが,それが自分の実践と結びつきながら,いつ,どこで,どのような意義があったかを語ることができれば,

 「なぜ今,この課題に取り組まなければならないのか」という教師の疑問に答えるだけでなく,「やる気」を与えることができるのである。

 なんて書いてみて,指導主事が気に入られない理由が自分でもよくわかる。

 何が言いたいのが,本当に伝わりにくい文章である。

 それに加えて,指導主事が研修で「指導力不足教員」を「指導力ほどほどの教員」にすること自体が非常に困難であり,見える成果が出しにくい。

 実績のある教師がどんどん伸びていくことをたすけることは簡単だが,期待通りの働きができない教師には冷たくなってしまいがちである。

 それは,「国民の期待に応える」ことが要請されている公務員の立場で,

 「期待に応えていない」現状が手に取るようにわかってしまうからである。

 コストも非常に高くついている。一つの学校の電気代とか,紙代がいくらか,給食の残飯が何トンか,

 興味がある人は校長先生に聞いてもらっていい。

 費用対効果なんて,教員時代に考えたことはなかった。土日も出勤し,夜中の12時を過ぎても明かりをつけていた日が多かったが,そのときはまさか「エネルギーを無駄に使うな」と批判されるとは思わなかった。

 行政の仕事とは何か,これがわかっただけで,教育委員会で仕事をした価値は高いと思うが,

 なかなか行政の仕事の意義を一般の方にわかってもらうのは難しい。

 特に仕事内容が細分化されているために,

 一般の方が「ピンポイント爆撃」をするのはほとんど不可能である。

 私ならそれができる。

 元同僚が現場にみんな出てくれたら,遠慮せずに繰り出せるのだが。


にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へ

« 教職への不適応の原因は子ども?大人? | トップページ | 朝日新聞も覚悟した学力調査の結果公表 »

教育」カテゴリの記事

学校選択制」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

コメント

やはり地方の教育委員会の体質は,昔のままのようですね。
東京都や大阪府のように,様々な地方から人々が集まっている地域では,「東京出身の人だから」という温情は全くありませんから,教員にとってはとても厳しい職場です。
幹部の多くが東京都出身ではないこと。これが大きいかもしれません。
地方の場合は,東京都出身の人が幹部になったとしても,なかなか機能していかない様子が目に浮かびます。
地域の人々を大切にするのはとてもいいことですが,子どもを犠牲にすることだけは許せません。

「桐生市いじめ自殺裁判を支援する市民の会」さんのブログをみてみるといいよ。あまたの学校被害者は教育委員会というものの存在に迷惑している。その卑劣さに苦しめられている。
このあいだも変なのに遭遇したのだが、自分の周りの狭い世界しか見れずに、まるで教師や教育委員会が全うに機能しているかのように、自己正当化している。
あきれるばかりだ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行政の仕事の意義を教えてくれた教育委員会時代:

« 教職への不適応の原因は子ども?大人? | トップページ | 朝日新聞も覚悟した学力調査の結果公表 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より