ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 教育実習に向けての不安 | トップページ | 教師はオーケストラの指揮者などではない »

通知表の所見は,担任の思いつきを伝えるものではない

 教育実習で実際に書くことがまずないものが,

 「通知表の所見」である。

 これは,担任の教師が書くことになっている。

 「所見」とは,日頃の観察の結果を書くのではない。

 内容についての指導が全く行き届いていない学校があるが,

 校長印が押されているので,それは担任教師だけでなく,校長の質の問題である。

 たいてい,通知表を渡す1週間くらい前に書いて,管理職がチェックし,校長印が押されて担任に戻されたものを,終業式の日に担任から子どもを通して保護者に渡されるものである。

 子どもに対しては毎日の生活や面談で話しているような内容なら,「そんなことはないよ」と子どもから指摘されるようなことは書かれない。

 指導要録に残す記録とは異なり,保護者へ「通知」されるものだから,たいていの場合,「主にどこをどう頑張ったのか」「どこが最も気がかりなのか」を伝えるのだが,そんな情報は,もっと日常的に家庭にフィードバックしなければならない,という考え方も成り立つ。

 2学期制の学校も増えていることから,1年に2回しか「通知」されない情報が,それほど重要なものと考える方がおかしい。

 では「あるべき所見」とは何なのか。

 私の考えは,生徒本人が次の学年,学期のスタートに向けて,最善の「個人目標」を立てるヒントになる内容を中心に書くことである。

 一段階高い目標に当たる内容をあえてぶつけてみる場合もあるし,無理をさせないために,スモールステップの目標を具体的に示してしまう場合もある。

 キーワードは,「非日常性」である。

 通知表は,子どもや保護者への「お手紙」ではない。

 校長の印が押されて保護者に届けられる,学校からの生徒への「評価」の集大成である。

 私の勤務していた学校では,「担任所見」以外に,「教科担任所見」も入った通知表を作成していた。

 ただ欠席日数が多い,少ない,で苦情がくる時代は,いい加減に終わりにしてほしい。

 問題は,「所見」の質=「評価」の質である。

« 教育実習に向けての不安 | トップページ | 教師はオーケストラの指揮者などではない »

教育」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通知表の所見は,担任の思いつきを伝えるものではない:

« 教育実習に向けての不安 | トップページ | 教師はオーケストラの指揮者などではない »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より