ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 学校の授業は分からないけど,塾の授業は分かる | トップページ | 少し早いですが・・・・・夏休みに入ります! »

小学校の教師にはない?「成績」の概念

 小学校の教師の一部には,真面目に「成績」をつけようとする気のない人がいる。

 教科の目標が何だか分からないで教えているからである。

 「7・5・3」とはよく言ったもので,小学校では,ほとんどの子どもが同じような課題を

 同じように解決することができるようになる。

 だから,「3 十分満足できる」「2 おおむね満足できる」の違いが分からない教師がいてもおかしくはない。

 何度もここでは書いているが,

 「3 十分満足できる」「2 おおむね満足できる」の評価の「妥当な境界線」は,

 10人教師がいたら,10通りのものができるほどあいまいだし,

 その評価の質も様々だし,

 評価されている子どもの実際の力も様々である。

 異なる「目標」のもとで教育が行われていたら,

 「目標準拠評価」そのものの意味が変わってしまう。

 中高一貫校を受験する子どもを受け持っていない

 小学校の教師にはほとんど縁のない話だが,

 ほとんどの中学生にとって,「学校の成績」は,

 そのまま「内申点」として

 上級校の受験の合否の判定資料となるのだから,

 評定の「4と5」では大違いなのである。

 中学生がふつう「成績が上がった」というと,

 テストの直後なら「テストの点数が上がった」「順位が上がった」

 ことを指すこともありうるが,

 一般的には「評定が上がった」ことを指す。

 「2から3に上がる」と,子どもだけでなく親も喜んでくれる。

 日本人は「ふつう」「平均点」が大好きなのだ。

 5段階評価で,「3 おおむね満足」の生徒の数は,かなり多くなる。

 昔は「相対評価」だったから,割合で「3をとる生徒の数」は

 決まっていたが,今は「目標準拠評価」であり,

 1~5までの評定をもらう生徒の数は,教師によって,

 教科によって,まちまちである。

 実際につけられた「評価・評定」と,入試のための資料として

 提出されたものが異なると困るので,それが同じものであることの

 チェックが行われている。

 だから,ときどき,「1と2の生徒が一人もいない教科」

 とか,「4とか5がとても多い教科」が問題になる。

 ある議員は,自分の区と,隣の区の「評定分布の違い」に目をつけて,

 自分の区の子どもが入試で損をしているのではないか,

 と主張したことがある(と記憶している)。

 そういうことはもちろんあり得るわけだ。


 どうでもいい話ばかりだったが,とりあえず「質問」「疑問」には答えた。


 「回路」をぐるぐるまわっている「質問者」は,

 エンドレスで「質問に答えようとしない」などと文句を垂れているが,

 この記事は読んでくれるだろうか。


 中学校にも勤務し,確か学年主任をつとめていたらしいが,

 「成績が上がる」ことの意味を想像することができないとは意外である。

 
 こんな主任のもとでは,保護者は不安になって塾を頼ることになるのは不思議ではない。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 学校の授業は分からないけど,塾の授業は分かる | トップページ | 少し早いですが・・・・・夏休みに入ります! »

教育」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

学習の評価」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

言語活動の充実」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学校の教師にはない?「成績」の概念:

« 学校の授業は分からないけど,塾の授業は分かる | トップページ | 少し早いですが・・・・・夏休みに入ります! »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より