ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「悪役」として利用される「自分」と利用する「自分」 | トップページ | 教育論にも教育問題にも関係のない記事 »

「教育虐待」→「指導虐待」と呼ばれて教師が叩かれる時代は来るか?

 日経の「暮らしの知恵」に,教育ジャーナリストの記事が掲載されている。

 「教育虐待」とは,

 教育熱心な親が子どもに学習を強いることなどを指しているようだが,

 果たしてこれは「虐待」なのか?

 検索をかけてみると,昨年の8月に毎日新聞が取り上げている問題があった。

 鬼気迫る「母親像」が紹介されている。

 家にいられなくなってしまう子ども。

 その子どもたちを「かくまう」シェルター。

 家庭における教育の問題は,根が深い。

 学校の教師は,家庭からのクレームに散々悩まされているとは言っても,

 大人になるまで責任を持たされることはない。


 「大変」だなと思う子どもの親と話をすると,親の方がはるかに「大変」なことも多い。

 
 子どもはひどいプレッシャーを家庭でかけられても,学校では明るく普通にふるまったりもする。

 もちろん,全く違う方向で「発散」してしまう子どももいる。

 「虐待」されている子どもの多くは,学校ではとても楽しそうに,明るく生活していることが多い。

 教師の立場からは,なかなか見抜きにくい。

 保護者を呼んで話をしても,「証拠」をつかむことや,「認めさせることができる」のはまれである。


 私にもかつて,「救済」することができなかった中学生がいた。

 「いじめ」もそうだが,「虐待」も,

 被害を受けている子どもが「そう感じる」「受けていることを認める」ことができないという課題がある。

 実際に,「そうは感じていない」という場合もある。

 
 「元は自分が悪いのだ」というように自分を責める傾向が強い子どもの場合は,

 特に注意を要する。

 
 私は,独自の心理テストを気になるクラスでは実施しているが,

 その目的は,「注意すべき子ども」を発見し,その子どもへの「口撃」に対するアンテナの感度を高めておくためである。

 
 学習の成績を背景とした「教育虐待」の場合には,成績が向上すれば,それまでの状況とは一転し,

 「地獄」から「天国」への大変化を感じ取ることもできる。

 
 「若いときの苦労は買ってでもしろ」なんていう「格言」?もある。

 
 書いていることの収拾がつかなくなってしまった。

 
 そのうち,「厳しい先生」の「厳しい指導」(体罰を用いるわけではない)が,

 「虐待指導」と呼ばれる時代が来るのだろうか。


 造語をするのも,ほどほどにしておいた方がよさそうである。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 「悪役」として利用される「自分」と利用する「自分」 | トップページ | 教育論にも教育問題にも関係のない記事 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

いじめ問題」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 「悪役」として利用される「自分」と利用する「自分」 | トップページ | 教育論にも教育問題にも関係のない記事 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より