ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« テストの解答用紙をスキャンしてPDFにしておく理由 | トップページ | 見え透いた嘘を重ねていく中学生・・・でなく,中年 »

「教員養成系大学」ならだれでも入れる時代へ?

にほんブログ村 教師教育・教員養成

 教員を志望する人が減ってきている?

 その理由は,子どもだけでなく,保護者対応が大変だから?

 退職金がいつカットされるか分からない公務員に魅力はない?

 ・・・・・・・

 私にはよく分かりません。

 教育界にとってあまりうれしくないのは,

 「教員養成系大学って,だれでも入れる大学のことでしょ」

 なんて言われる時代が到来することです。


 私は同僚の出身大学をほとんど知らないからかもしれないのですが,

 「教員養成系大学」を出て教師になっている人を,ほとんど知りません。

 自分も「教員養成系大学」の出身ではないので,

 どういう人がそういう大学に入っているかもよくわからないのです。

 しかし,そういう大学の志願者が減っているということは,

 おそらく,「教員志望の人が減っている」ということなのかもしれません。

 よほど「教員養成系大学」の教育に問題があるのでなければ。


 今しばらく,「ゆとり世代」の大学受験が続きます。

 教師になって,「ゆとり世代なので学力が低い」とか,「教養が足りない」

 とか,「知識がまるでない」などと批判されたくないから,教師にはなりたくないのか,

 どうかは分かりません。

 新聞記事で紹介されていた,「保護者対応が大変になっている」のも,

 確かなことだと思います。

 今は,

 「うちの不出来な子がご面倒をおかけしまして」

 なんて態度で学校に頭を下げてくれる親は減って,

 「うちの出来のよい子ができるようにならないのは,先生の教え方が悪いからだ」

 なんてくってかかる親が,核分裂のように増えているのが現状でしょう。

 「教え方が悪い」のは当たっているかもしれませんが,

 「うちの子だけができない」のは,別の原因があるのではないかと,

 少し想像力を働かせてもらいたいものですが,
 
 先生が40人を相手にしている(中学校なら200人とか400人を相手にしている)ことがどういうことか,想像してもらえないのがつらいところですね。

 私は毎日学級だよりを書いて自分たちを励ましてくれた先生とか,

 本気で自分たちを叱ってくれた先生とか,

 そういう先生に出会えて,いつの間にか,そういう先生になっていました。

 今は,そういう先生がもうほとんどいなくなっているのかもしれません。

 教員養成系大学の先生って,何をしていた人がつとめているのでしょう?

 それすら知らないのは,幸か,不幸か,それすら分かりません。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« テストの解答用紙をスキャンしてPDFにしておく理由 | トップページ | 見え透いた嘘を重ねていく中学生・・・でなく,中年 »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

「ゆとり教育」」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「教員養成系大学」ならだれでも入れる時代へ?:

« テストの解答用紙をスキャンしてPDFにしておく理由 | トップページ | 見え透いた嘘を重ねていく中学生・・・でなく,中年 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より