ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 反省文まで親が考える時代 | トップページ | 言語活動の指導を充実させた「成果」が見える「問題行動」 »

指導はできるが,指導力がない教師

 教師はどうしても自分が児童生徒だったころの経験をもとに,

 現在の教師や児童生徒を見てしまう傾向がある。

 私は小中学校のころは,生活指導にとても厳しい教師たちに教わってきたので

 (父親はさらに厳しかったが),それが今の感覚的な「基準」となっている。

 初任者としてつとめていた中学校は,その経験と差がないか,どちらかといえば

 「もっと厳しい」方に入る学校だったので,「基準」は引き上げられることになった。

 しかし,次第に見えてくるようになったものがあった。

 そういう「基準」とは2つの意味でほとんど正反対ともいえる小学校や中学校が,この世に存在することがわかってきたのである。

 一つは,「厳しさのない学校」,もう一つは「厳しさの意味を取り違えている学校」である。

 一般の方に限らず,教員も「厳しい」と聞くと,昔の言葉で表現すれば「管理教育」とか,「体罰を伴う指導」とか,「威圧的な指導」とかを思い浮かべてしまう人が多いだろうが,

 「厳しい先生」というのは,「正しさを大切にする先生」というイメージでとらえてもらった方が分かりやすいだろう。

 「力で押さえつける指導」は,小学校では通用しても,

 中学校では子どもの反発を引き起こすわけである。

 「荒れ」を防ぐつもりでやっても,さらに「荒れる」結果になりかねないのが,

 「力で押さえつける指導」である。

 「落ち着いたいい雰囲気の学校」をつくる「厳しい先生」のイメージが分からないのは,

 実は現場の教師そのものだったりする。

 「正しさを大切にする先生」は,

 「正しくない言動や態度」を見逃さず,指導する。

 そのとき,当然だが自分が「正しくない言動や態度」をとってはいけない。

 何が「正しくない言動や態度」かは,

 わざわざそれをブログ上で紹介してくれる人がいるので,

 それをもとに何度も説明したことがある。

 教育の難しさは,

 「正しさを大切にする先生」でも,

 児童生徒に正しさを自覚させ,言動を改善に向かわせることができる先生であるとは限らない,ということだ。

 「正しくないことを正しいと誤解している先生」がそうなるのは当然だが,

 「正しさを理解している先生」でも,

 「指導はできる」が,「指導力があるわけではない」先生であるのが,それにあたる。

 こういう意味で「指導力がある」という言葉は使う。

 「指導力不足教員」といったときには,「指導はできる人」も含まれることがある。

 もちろん,「指導すらできない人」もいる。

 しかし,「指導すらできない人」は,問題行動を起こす生徒の側からは「無害」であるので,

 生徒との衝突が起こらず,目に見える問題は発生しないため,

 「問題がある先生」とは見えにくい。

 「問題がある先生」と見られるのは,「指導ができる」先生であることが多いのだ。

 そしてその「指導」が,「正しくない言動や態度」に基づくものである。

 日本は,技術をもった国である。

 高度な技術をもっている。

 しかし,「技術力」をもっているか,と問われると,即座にイエスとは言いにくい。

 だから,「技術力の向上」はもっと難しいことである。

 簡単に「指導力の向上」という言葉を使うのを,教育の世界でもやめるべきかもしれない。

 まずは「指導力をつける」ことを考えるのが先決である。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 反省文まで親が考える時代 | トップページ | 言語活動の指導を充実させた「成果」が見える「問題行動」 »

教育」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指導はできるが,指導力がない教師:

« 反省文まで親が考える時代 | トップページ | 言語活動の指導を充実させた「成果」が見える「問題行動」 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より