ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 教育の世界の常識は,「学年」から「個」へ | トップページ | リーダーシップの誕生を阻むもの »

リーダーシップの誕生まで

 リーダーを育てるノウハウ本はさまざまあるが,

 学校教育に関するもので,そのことを中心テーマに据えたものは少ない。

 横並び大好きの日本の教師には,ウケないテーマであることは間違いないだろう。

 また,そもそもリーダーシップをとっていない日本の学校の教師たちが,

 リーダーシップとは何か,

 子どものリーダーシップをどう育てるか,などを語る習慣がないのも当然のことである。

 リーダーは,自然発生的に生まれるものでもある。

 学級委員的リーダーもいれば,

 いじめのボス的なリーダーもいる。

 子どもたちにとって非常にやっかいな存在が後者のリーダーである。

 ここでは,中学校における「学級委員」と「生徒会役員」の中間・・・・つまり「学年」集団のリーダーシップの誕生に関することを書きとめておこうと思う。

 小学校7年生が中学校1年生らしくなるとき・・・・それは,

 教師への依存心が弱まるときである。

 「自分たちで自分たちをコントロールしている」という実感は,

 学年の集会を生徒たちに企画させると,それなりに得られることになる。

 リーダーになるには,

 リーダーっぽい仕事をこなし,「自立」している感覚を持たせて,

 それなりの達成感を味わわせるだけでなく,

 様々な「失敗」を経験させなければならない。

 ここが大事なところである。

 教師としては,本当のリーダーになれるかどうかを見定めるときがここである。

 当たり前のことが当たり前にできるだけで満足するのではなく,

 小さな問題に目が留まる余裕を持たせることが重要である。

 学年の小さな問題が,「個人の問題」のままで終わってしまっては,

 真のリーダーシップは生まれない。
 
 「個人としての成功感,満足感」でストップさせる指導がなされがちだが,

 教師としてはもう少しの辛抱である。

 「私的な満足感」から「公的な満足感」へと「満足度」のシフトチェンジが

 できる人間が,真のリーダーとなり得る。

 生徒たちが相互依存の関係を築けたと実感したときが,

 本当のリーダーシップが誕生するタイミングである。

 教師にとって重要なのは,

 このタイミングまで,いかに我慢できるか,である。

 当然のことだが,だれでもリーダーになれるわけではない。

 失敗もあり得る。

 それでも,真のリーダーを育てるプロセスを大事にできる,

 そういう指導方針を共有できる教師集団でありたい。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 教育の世界の常識は,「学年」から「個」へ | トップページ | リーダーシップの誕生を阻むもの »

教育」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーダーシップの誕生まで:

« 教育の世界の常識は,「学年」から「個」へ | トップページ | リーダーシップの誕生を阻むもの »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より