ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 小中一貫に反対する理由 | トップページ | 非常勤講師の賃金引き上げを! »

小中一貫と小中連携を勘違いしている人たち

 「小中一貫」というタイトルをつけていながら,

 そして,「小中一貫教育」を実践している学校の話だと書き始めておきながら,

 中学校のダメ授業とあいかわらずの「見た目」重視の授業観に関することだけをだらだらと書き連ねている教育ブログがある。

 教育関係の話で,

 「子どもの目が輝いていた」

 「いきいきしていた」

 「子どもが主体の」

 「子どもが活躍する」

 などという言葉が出てきたら,まずは役に立たない内容であろうと想像がつく。

 日本独特の「感覚的」「情緒的」教育観である。

 「ムード」「空気」で評価が決まってしまう。

 こういう「教育観」を広める「古典」があるのが原因なのだが。

 これを言葉で直接耳に入れることを想像すれば,その「意味のなさ」に気づくはずである。

 さて,紹介されていた事例は,「小中連携事業」をしているところの話と何の違いもない。

 中身のない「小中一貫」はすぐにバレる。

 そもそも,進学する中学校の選択肢がないような小学校では,

 これまでも形式的には小中一貫校であった。

 今,求められているのは実質的な「小中一貫」だが,

 現行の学習指導要領では,小学校は小学校,中学校は中学校である。

 文言は似ていても,別々のカリキュラムである。

 「小中一貫教育」のメリットは,

 1年でも早く子どもに「充実した学校生活を送らせる」ことにある。

 たとえば,6年生でも中学校の学習ができるようにすることができる。

 5年生になっても,2年生と同じような「ぐだぐだ」の「学び合い」をやっているから,

 高学年の子どもが教師に背を向けるようになるのである。

 教師が話している言葉が聞き取れない中学生は,本当に気の毒だが,

 それは子どもとばかりおしゃべりをさせて,まともな大人の話を「しっかり聞く力」を育てることを怠った教師のせいである。

 大人の話を聞く力のない小学校7年生は,入学直後からすぐに目立つので隠しようがない。

 このような,学習指導上の課題を最小化することが大切なのは言うまでもないが,小学校と中学校の決定的な違いがどこにあるかが分かっていない人が多い。

 日本は,あいまいなことをあいまいなままで実施することが許される国であることがよく分かる。

 書いている本人が「小中一貫教育」とは何かを理解していないのだから仕方がないことだが,

 誤解というか無理解のまま,ああだこうだと言ってみたところで,日本の教育は

 変わっていくはずがない。
 
 学力調査の結果を見てほしい。

 子どもや保護者から選ばれる「小中一貫教育」を目指す人の中には,

 「7・5・3」からの脱却を進めたいと考えている人が多い。

 小学校では7割程度,中学校では5割程度・・・なんて学力では,

 先が思いやられる。

 せめて小学校では9割程度,中学校では7割程度くらいには底上げを図っていきたい。

 その願いはどうしたら実現するか・・・・という関心の持ち方である。

 小中一貫教育の目的,効果,現状等については,平成24年7月13日付で出された

 『小中連携、一貫教育に関する主な意見等の整理』

 (中央教育審議会初等中等教育分科会
 
  学校段階間の連携・接続等に関する作業部会)

 に詳しい。

 これすら読んでおらず,基本的な知識のない人間が

 小中一貫にたずさわれば,ただそれだけで「一貫校」は崩壊する。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 小中一貫に反対する理由 | トップページ | 非常勤講師の賃金引き上げを! »

教育」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小中一貫と小中連携を勘違いしている人たち:

« 小中一貫に反対する理由 | トップページ | 非常勤講師の賃金引き上げを! »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より