ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 感動の押し売りが好きな教師に道徳教育をさせてはならない | トップページ | 教育の世界の常識は,「学年」から「個」へ »

自分の机を生徒に掃除させて感動する教師

 中学校の中には,生徒に教科の準備室まで掃除させるところがあるようだ。

 それも,生徒が教師の机の上まで掃除してしまうというから,これには恐れ入った。

 私が勤務していた中学校や行政の世界には,朝一番に来た人(たいていは一番若い人,年次が浅い人,なのだが)が机の上を拭く,という習慣があった。

 机の上を拭くのは,出勤してきた教師や役人である。

 生徒でも,清掃業者でもない。

 当然のことだが,机の上にはものが乗っていない状態である。

 だから他人が管理しているものに手を触れることは一切ない。

 それが,紹介されている中学校では,

 生徒が教師の机の上を片付けてしまうということだから,

 これは私にとっては全く新しい「情報」だった。

 中学校全体のことで誤解をされないようにコメントすると,

 基本的に生徒は,

 教科の準備室内を掃除させることは年2~3回ならありうるが,

 当番をつけて掃除させることはまずあり得ない。

 掃除の時間というのは,教師は担任をもっていると教室で掃除の監督をすることになるので,

 教科の準備室は空になる場合がある。

 そこに生徒だけがいる,ということはあり得ないわけだ。

 ただ,美術室とか,技術室とか,音楽室など,

 生徒が毎日使用して,ゴミが出る教室は,毎日当番が掃除する。

 そこの場所の掃除監督は,担任も含めてきちんと割り当てられているのがふつうである。

 次に,生徒が教師の机のものに

 手をふれるということは,基本的には禁止事項である。

 紹介の記事の趣旨は,

 「ときめかないものは捨てる」という内容だから,

 一瞬どっきりしたが,

 ただ「生徒が上手に片付けてくれるので感動」というだけだったのですこしほっとした。

 ほっとした後,

 こういう生徒を「教師のお世話係」的に使う発想が,

 「子どもを教師の道具に使う」という

 教育の世界に広く見られる悪癖の典型例であると気づいた。

 学校には,世間の常識とはかけ離れていることが多い。

 上の「悪癖」のような世間の常識では考えられないことが,

 「学校の常識」になってしまっていることに,

 少しでも多くの教師に気づいていただきたい。

 「恥を知れ」という言葉をプレゼントしておきたい。

 この記事が,
 
 「教師の机の上に置かれている書類はすべて捨ててよい」

 という提案なら大賛成である。

 学校から,「汚い教師の机」は一掃されるだろう。

 「ときめかない」ものは,学校からなくなっていくというのは,生徒にとっても好都合であろう。

 感動を求めて仕事をしているような自己満足型教師は,

 学校現場には必ずいると断言しておこう。

 しかし,それは多数派では決してない。

 感動は,後から勝手についてくるものである。

 学校の教師は,子どもの成長のために仕事をしている。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 感動の押し売りが好きな教師に道徳教育をさせてはならない | トップページ | 教育の世界の常識は,「学年」から「個」へ »

教育」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

言語活動の充実」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

コメント

教育を創造するのは,だれですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の机を生徒に掃除させて感動する教師:

« 感動の押し売りが好きな教師に道徳教育をさせてはならない | トップページ | 教育の世界の常識は,「学年」から「個」へ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より