ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« ごめんなさい,先生 ~正しい反省文の書き方~ | トップページ | 自称30代による30年前の教育情報 »

なぜ下手くそな道徳指導を行う教師がバカにされるか?

 ヒーローインタビューで感想を聞かれた選手が,

 「ファンの方の声援のおかげです」とか「まぐれです」と答えるのは,

 「そういう答え方が正しい」ことを知っているからである。

ファンが喜ぶことを知っているからである。

 みんな,そう答えるからである。

 選手は,テレビ用の,マスコミ用の「言葉」を「教育」されている。

 謙遜する選手を見て,

 「すごい」「すばらしい」「本物だ」

 と感じるのは,ごくごく自然なことである。

 そう感じてもらえるように,話すようにしているからである。

 もちろん,本心から言えるまでに「成長」している選手もいるだろう。

 選手にとっては,本心では,いろいろ言いたい「本当のこと」はあるだろうが,

 再度対戦する相手に聞かられたらまずい「企業秘密」もある。

 いたずらに相手の「闘争心」をかきたてるような「損」をしないように,という配慮もある。

 下手くそな道徳の指導というのは,

 大人だけでなく,子どもでもわかるような

 「公の言葉」がすごい,すごい,と感動してみせて,

 「こういう態度を学ぼう」などというわざとらしい教え方のことを言う。

 教師が学ばせたのは,「本心ではなく,人が喜ぶ言葉を発しよう」という態度である。

 中には,本当に感動してしまっている教師がいて,

 ある意味,純粋で憎めないのだが,子どもからは確実にバカにされる。

 子どもが理解している

 「こういう態度」とは,

 「公に向けては謙遜してみせる」という態度である。

 こういう教育は,

 「オモテの顔」と「ウラの顔」を使い分ける子どもを作り出していく。

 そういう子どもをたくさん見てきたのと,

 「反省文」などで「思考回路」が「見える化」されているから,よく分かる。

 教師には,教師が聞くと喜びそうなことを言ったり書いたりすることができるが,

 そこに書かれているような態度や行動をとることができない。

 もちろん,「公の場で言うべきこと」を知っていてくれるのは助かるが,

 それだけですまされてしまう「道徳の授業」からは何とか卒業していただきたい。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« ごめんなさい,先生 ~正しい反省文の書き方~ | トップページ | 自称30代による30年前の教育情報 »

教育」カテゴリの記事

学習指導要領」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ下手くそな道徳指導を行う教師がバカにされるか?:

« ごめんなさい,先生 ~正しい反省文の書き方~ | トップページ | 自称30代による30年前の教育情報 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より