ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 小中一貫と小中連携を勘違いしている人たち | トップページ | 人の心を分かろうとしない人間の独善的「公理」 »

非常勤講師の賃金引き上げを!

 カルロスさんがブログの中で,

 産休や病休の教員が多い学校で,

 非常勤講師がとてもいい働きをして子どもの教育を支えてくれている,

 という話を書かれていたが,
  
 こういう学校は実際に少なくないと思われる。

 私が2校目に勤務した学校では,

 手当も出ない部活動のめんどうまで,本当に熱心にしてくれた講師の方がいた。

 正規の教員は我先に家路につくのに,遅くまで生徒と学校に残ってくれていたのは講師の方だった。

 現在の学校でも,

 他の仕事と二足のわらじで活躍している講師の方がいる。

 講師の採用は,私の知る限りでは正規の教員のように行政が割り振るのではなく,
 
 管理職が評判や,つて・・・・分かりやすく言えば「コネ」をつかって・・・・

 探し出し,非常に安い賃金を詫びながら,お願いをするのである。

 当然,非常勤講師の中には,「指導力が低い」人もいる。

 1年契約が普通だから,非常勤講師が交代する場合は,そういう判断がなされたと考えればよい。

 管理職は,「いい非常勤講師」を「少しでも早く」確保しようと努力しているが,

 突然の「産休」や「病休」には対応しにくい。

 
 話は変わる。

 昔,

 正規の教員と非常勤講師の「違い」を

 情熱をこめて主張している人がいたが,

 こういう「態度」を,ある「角度」からながめたら,どう思うと感じるか?

 ということに「思い」がいたらない人間が,

 教育現場にはいるのである。

 いろんなことに「思い」がいたる人というのは,

 過剰に気にしすぎて,仕事ができなくなるほどに心を痛めることがあるのが,

 まったく「思い」がいたらない人というのは,

 仕事をさせられない状態になっても,

 自分は仕事ができると思い込んで決して自分の考えを譲ろうとしない。

 指導力不足教員の「研修」担当になっている人間が,

 いかにたいへんか,想像していただくことは可能だろうか。

 私はこのブログ上で,その大変さが伝わるように,努力してきたという一面がある。

 教育界で本当に手を焼いているのは,

 子どもではなく教員だという実態をご理解いただき,

 学校の「外部評価」の制度を活用して,ぜひとも

 「そういう先生」を変えるきっかけをつくってほしい,というのが

 私の願いである。

 大きな問題を発生させる前に。

 「研修扱い」になる教員は,

 多くの教員が「やっぱりね」「とうとうか」という感想をもつのである。

 「研修扱い」になる前に,職場で何とかしてほしい。

 それも,生徒や保護者,第三者をまきこんでである。

 こんな教員の「穴埋め」として,

 必死に働いてくれる非常勤講師の方々には,感謝しなければならない。

 私は,非常勤講師の方々こそ,成果主義を導入して,

 貢献度が非常に高い方は,給与面で報われるべきだと考えている。

 正規の教員は,普通の仕事を普通にするのが当たり前だから,

 無理にAをつける必要はなく,みんなBでもよいわけだ。

 教員が山分けする分を,講師の給与増額にまわせる仕組みくらいは作るべきである。

 あの「団体」の人々が,

 「自分たちの給与を削っていいから,非常勤講師の給与増額が可能になる仕組みをつくれ」

 と主張してくれるなら,自分の中では

 「大嫌い」から「少し嫌い」くらいに「格上げ」できる。

 指導力不足で学校に勤務せず,研修を受けるだけで普通の給与をもらっている教員がいることは,市民感覚では理解に苦しむ。

 
 指導力があるのに,公務員試験という筆記試験で点がとれないためにいつまでたっても正規の教員になれない人がいる。

 筆記試験でいい点がとれたので,教員に採用してみたら本当にいい加減な授業しかできない,そんな人よりは,指導力のある非常勤講師の方がよっぽどいい,という主張は,やがて実を結ぶことになると思われる。

 教員採用のあり方を柔軟にし,よりよい人材を集める・・・・そういう政策の実現を,

 5・4・3制の研究など他の教育政策とセットにして,ぜひとも推し進めてほしい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 小中一貫と小中連携を勘違いしている人たち | トップページ | 人の心を分かろうとしない人間の独善的「公理」 »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

教育実習」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非常勤講師の賃金引き上げを!:

« 小中一貫と小中連携を勘違いしている人たち | トップページ | 人の心を分かろうとしない人間の独善的「公理」 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より