ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 大学で「よい先生」をどう養成するか? | トップページ | 保護者に「出ていけ」と言える小1担任教師 »

一般教師の労働の質を問わない無責任体質

 教師の労働時間が長いことは,だいたい午前7時になる前には電車に乗っていることからもわかるだろう。

 多くの教師は,午前8時には職場についている。

 生徒が何時まで学校にいるかだけを考えても,帰りは遅いことは言うまでもない。


 ただ,授業時数を労働時間などと定義されてしまうと,

 夏休みは労働時間がゼロということになる。

 長い夏休みを夢見て教師になる人も,皆無ではなかろう。


 しかし,教師には,公務員が普通にやっている仕事がある。

 もし教師がそういう仕事を「雑務」なんて呼んでしまったら,

 普通の公務員は雑務しかやっていないことになる。

 
 分掌の会議,学年の会議,職員の会議,管理職と主任等による会議など,

 企業と同じように学校には会議の時間がたくさんある。

 情報交換や意思の疎通がうまくいっていないと,

 下手をすれば新聞沙汰になることが学校内で起こっているのに,

 関係者以外の教師は知らない,という事態になる。

 
 教材の準備が必要な教科が多い。

 担当になった教師にとって,行事の準備には相当時間が必要である。

 分掌の仕事があり,部活動の指導がある。


 よほど「好き」でないと「愚痴ばかりこぼす」最低の教師になってしまう。


 さて,書きたいことは,以上のような当たり前のことではない。


 教師にとって重要なのは,労働の量ではなく,質である。

 そこにまったくふれようとしないのが,例のブログである。

 指導力がなんだか分からないようだし,

 理想の教師は子どもの理想によって変わる,なんてことを書いている。

 教師の仕事がそもそも何なのかがわからなければ,

 なるほど,質なんていう話をするのは不可能だろう。

 

 なぜか管理職の仕事の内容にふれているが,自分がなったことがなければ,

 何のために管理職が必要かも理解できないだろう。

 そういう分からない「仕事」について書くことを控えないのが,その人らしいところである。


 さて,教師の労働の質は,

 何で判断することができるか。

 学力テストの点で判断されては困ると,

 子どもに答えを教えてしまう教師がいる。

 評価というのは,評価者の立場になれば,ある程度は想像がつくだろう。

 子どもの立場で考えてもよいし,

 保護者の立場で考えてもよい。

 子どものいない一般の市民だって,教育に関心が高い人もいる。
 
 そういう「視野」がもてない教師の労働の質は,低くて当然である。

 テストである程度の点がとれることは,だれに聞かなくても望んでいるに決まっている。

 しかし,授業をまともにやっていなければ,

 その「成果」はテストで如実に表れる。


 ある小学校の教師の中に,授業をつぶして百人一首だけやらせていたり,

 新聞づくりばかりやっている人がいた。

 中学校の百人一首大会でめっぽう強い生徒がいたので,その原因が判明した。

 新聞づくりの「本」を持ってきてくれた生徒がいたので,判明した。

 では,百人一首が得意な生徒が,古典への興味が高いか,国語への興味が高いかというと,決してそうではなかった。

 新聞の内容は,中学校に入っても,小学校レベルであった。

 小学校で学ぶべきことを小学生が「習得」していなかったからである。


 こういう小学校教師が,「労働の質が低い」と校内で批判されることはまずない。

 教師の場合は,小中連携事業を行って,お互いのカリキュラム検討を重ねているうちに,ようやく

 「負の原因」に気づける,そういう問題である。

 しかし,教育に関心が高い保護者なら,気づくことができるはずである。

 
 授業参観で,同じ単元の授業を見比べてみる機会があれば面白い。

 ある教師が,ビデオを見せただけで終わったら,どう思うか。

 ある教師が,教科書を読んだだけで終わったら,どう思うか。

 極端な話だが,

 同じ「労働時間」の中で,「こんな質の授業」が行われているかもしれないのが,学校というところである。

 日記がわりの新聞づくりが,他教科の学習への関心度や理解力を高める効果がある程度は認められるはずである。

 しかし,九九を身につけさせないままで,分数の割り算を計算させられないままで小学校を卒業させるのは,教師として「恥」と思ってほしい。

 高校に進学する中学生と違って,「ほぼそのままの集団」が上がってくる小学生は,中学校の教師にとって,

 「小学校の教師の質」の絶好の判断材料となる。


 「労働の質」・・・・「教員の質」が問われるうちは,まだ,教育に期待が寄せられている証拠と,前向きに考えるのもそろそろ限界か。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 大学で「よい先生」をどう養成するか? | トップページ | 保護者に「出ていけ」と言える小1担任教師 »

教育」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一般教師の労働の質を問わない無責任体質:

« 大学で「よい先生」をどう養成するか? | トップページ | 保護者に「出ていけ」と言える小1担任教師 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より