ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 教育の極意は「引き出す」こと | トップページ | 発表者がメモをとれる学習 »

4個でも13個に勝れる理由が分からない人

 どうかしてしまったのだろうか。そういう文章を書いている人を,ご本人はナント呼んでおられたか,過去の記事をご覧になっていただきたい。

 「箱庭」はすてきな日本の文化である。

 「箱庭」に失礼だ。


 とてもとても貧弱な「知能モデル」が示されている。

 
 こういう人の「知識」観は,単なる「記憶」の個数が問題であり,授業モデルで言っても最低レベルの「知識」観である。

 授業では,「とにかくたくさん覚えろ」というのが決まり文句なのであろう。

 勉強を苦手とする子どもをけなすときは,

 「頭の中身が少ない」と言うのだろう。

 もし記憶量だけを増やせば学力がつくのなら,教師に専門性はいっさい必要ない。

 教科書だけあれば,教育は成立してしまう。

 4択問題ばかりをやらせておけばよい,ということになってしまう。

 こういう発想を,

 「独房型」と呼ぶことにしよう。

 本当に息が詰まるような教育観である。


 「開放型」の教育観では,

 4個は,15個になる。

 この計算ができるだろうか。

 ただの13個を容易に上回れるのである。


 この人に,「つながる」とか「深まる」という学力観は存在しないのだろうか。


 そう,断片的な知識のままで,それを臨機応変に組み合わせて使うことができない人が,

 人とトラブルを起こすのである。

 記憶型のテストはやたらと点がとれるが,社会性がない,人間関係をつくり能力がない人は,

 「つながり」「関係性」「類推」を意識した行動がとれないので,

 教師なら,対教師と,そして,子どもとの間で,トラブルを起こしてしまうのである。

 単なる気まぐれで書いたのだろうが,なぜ13個にしたのだろう。

 16個だったら,また別の方法を考えなければならなかった。

 
 最後に,教師をやめて新聞社に転職した人は,

 きっと教育への情熱を失っていた人なんでしょうね。

 または,本当にお金がほしかったんでしょう。

 
 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 教育の極意は「引き出す」こと | トップページ | 発表者がメモをとれる学習 »

教育」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4個でも13個に勝れる理由が分からない人:

« 教育の極意は「引き出す」こと | トップページ | 発表者がメモをとれる学習 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より