ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 道徳の授業にうんざりしてきた子どもの声に耳を傾けるべき時 | トップページ | 有名教師の「国語」指導法を読んで »

小学校のあきれたルール

 これはすべての小学校にあてはまることではないことを,あらかじめ断っておく。

 当たり前の話だが,それが通用しない人間がこの村にはいるので。

 携帯電話の持ち込みを許可している小学校がある。

 トランプのようなものから,

 ゲーム機まで,持ち込みを許可している小学校がある。

 学級によってこのルールは異なっている場合があるようで,

 正確に言うなら,

 そういう小学校の「学級」がある,ということである。

 その理由は,

 「自習のときに教室の外に出歩かないため」

 「落ち着かない児童を静かに遊ばせておくため」

 というものであるらしい。

 こういう小学校で,

 学力がつくはずがない。

 パズドラを授業中にどうしてもやってしまう小学生が問題になっているそうだ。

 スマホを小学生が授業中にいじる時代である。

 豊かな国が,やがて滅んでいく。

 絵にかいたような国家の衰退劇が,この国では小学校から現在進行形である。

 道徳の授業で教えようとしていることと,

 全く別のことを許可している。

 あきれるばかりである。

 一部の小学生は,学校を「楽しむところ」と本気で考えている。

 一部の教師は,学習を「楽しませる」ことばかり考えている。

 教育の原点に戻るべきである・・・・と書くと,

 すぐに過剰反応をする教師が必ず出てくる。

 小学校の場合は,

 学級担任を責めにくい悪条件のもと,

 保護者たちは我慢を強いられている。

 人質となっている自分の子どもを守るために,教育を守ることを放棄している。


 中学校に入学したときに,

 中学校教師が何に一番苦労しているか,

 理解してもらうことはそれほど難しいとは思っていない。

 あり得ないルールが当たり前だと思っている小学校7年生を,

 中学校1年生にするための重労働は避けられない。

 これの手抜きをすれば,

 高校生になっても児童のままの生徒たちを生み出すだけである。

 しかし,中学校でどんなにがんばっても,

 高校に入ると「小学校帰り」を果たしてくれる。

 哀しい現実である。

 この国には憐れな

 「小・高一貫」という現実がある。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 道徳の授業にうんざりしてきた子どもの声に耳を傾けるべき時 | トップページ | 有名教師の「国語」指導法を読んで »

教育」カテゴリの記事

ニュースより」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

小中連携」カテゴリの記事

道徳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学校のあきれたルール:

« 道徳の授業にうんざりしてきた子どもの声に耳を傾けるべき時 | トップページ | 有名教師の「国語」指導法を読んで »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より