ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 道徳の授業の原動力は感動? | トップページ | きまりは破るためにある »

教員養成の大学の先生による体罰の意味

 教員養成のための大学では,

 将来の先生を育てるための指導を熱心に行っていると思う。

 ある先生が,学生を教室で投げ飛ばしたという話を聞いたことがある。

 私を後任に誘ってくれた先生でもあり,実現はしなかったが,今でも恩義を感じている。

 大学生にも体罰がふるえる先生というのはすごい。

 小田原の中学校の先生がふるった「ビンタ」については,

 擁護の声も多いそうだ。

 やってはいけない体罰をやった先生に対して,

 「指導力がない」と言える人は,さぞ「指導力のある立派な方」なのだろう。


 教員養成系の大学でなくても,教職教養や

 教科の指導法を担当している人は,その人がもてる限りの力を注いで,

 卵を温めてくれているはずである。

 私が今,一緒に仕事をさせていただいている大学の先生も,

 卒業生が採用になった話を本当にうれしそうにしている。

 できが悪い子ほどかわいいとはよく言ったもので,

 そういう「親心」は苦労にもなるが,かけがえのない仕事の結晶とも言える。

 私は,教育実習生という形で学生を預かる身だが,

 3週間しか付き合いはなくても(実際には事前指導を入れるともう少し長いが),

 それに近い経験をすることができる。

 話はここからが本番である。


 中学校現場にいる身からすると,心配ばかりが先走る。

 本当に教師に向いているのかどうか,

 学校現場でしっかり仕事ができるかどうか,という目で見ると,

 心は穏やかではない。

 複雑な気持ちになるのは,

 だいたい,これは現場ではたいへんそうだな,という人の多くが

 実際に採用されていることである。

 期待したい人はみんな一般企業に就職していく。

 人材不足を肌で感じているのは,

 現場の教師である。

 決して,本人のせいでも,大学の先生のせいでもない。

 大学の先生の中には,現場の経験がない人もいるから,

 とんでもない学生を「ぴか一」などと期待を持たせたりもする。

 生活指導の「せ」もできなさそうな・・・つまり,

 学習指導・・・いや,一人で話すタイプの「授業」の「じ」はできる人を

 「自信をもって」送り出してくる。

 私の現在の勤務校は生徒指導で苦労することはない。

 だから,教師になれる気になってしまうかもしれない。

 教師は授業で勝負するものだ,

 という言葉から,多くを連想できない人が,

 現場に入るとどういうことになるかを,

 私は実際にこの目で見てきた。

 教員養成系の大学の存在価値はどこにあるのか。

 授業研究を熱心にしてくれる学生。

 これは教師になるための基本である。

 しかし,教師というより,大人としての,

 もっと言えば人間としての基礎ができてない人が多すぎないか。

 挨拶ができない。

 返事ができない。

 時間が守れない。

 質問にきちんと正対した答えが返せない。

 言葉が明瞭ではない。

 字が丁寧でない。

 何が言いたいかわからない。

 基礎的な生活から,基礎的な学力から,

 多くの部分が欠けている人が,

 大学という閉じた空間なら,何とかやっていけるのだろう。

 しかし,難しい子どもと,それよりはるかに難しい親と,

 渡り合っていく「基礎」がない人には,

 決して教師は務まらない。

 教師というのは,フォローがけっこう難しい仕事である。

 授業のフォローがしたくても,
  
 その時間,自分も授業をしている。

 学級経営のフォローがしたくても,
 
 自分の学級も放ってはおけない。

 小学校のような「個人経営の零細企業」は,本当に難しいだろう。

 ただ,小学生ならまだ「だまし」がきく。

 中学生になると,そうは言っていられない。

 何の苦労もなく育ってきた若者に,

 今の公立中学校の教育を簡単に担わせようとする制度そのものが,

 もはや「無茶」な状況になっている。

 教員養成大学は,

 何よりもまず人間養成大学でなければならない。

 何が人間にとっての基礎かを教えてほしい。

 学校現場には,膿がたまっている。

 それをあらかじめキチンと教えてあげてほしい。

 将来の本当の「改革」に備えて。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 道徳の授業の原動力は感動? | トップページ | きまりは破るためにある »

教育」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

仕事術」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教員養成の大学の先生による体罰の意味:

« 道徳の授業の原動力は感動? | トップページ | きまりは破るためにある »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より