ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 人間の「強さ」を教えられる教師をめざそう | トップページ | 負けず嫌いのブロガーの関心事 »

「再分配」が機能している各都道府県の教育事情

 人口1000人当たりの教職員数が最も多いのは島根県である。

 上位の県は,高知,徳島,岩手,沖縄と続く。

 一方,人口1000人当たりの教職員数が少ないのは

 東京,神奈川,埼玉,大阪,福岡の順である。

 この違いがどうして生まれるのかは,説明するまでもないだろう。

 人口1000人当たりの教職員数ランキングは,

 地方公務員数ランキングと高い相関を示している。

 一方,最低賃金や基準地価,県民所得,高卒求人倍率とは負の相関となっている。

 もし「経済格差をなくすためには教育(教員の数を確保すること)が重要」という考え方があるとすれば,その条件は満たされているということになる。

 団塊の世代くらいの年代の人間は,

 「東大合格者の数」が大好きなようだから,

 大学進学率でその「成果」を見ようとすると,

 島根県は29位と,47位の沖縄,46位の岩手と比べると,検討はしている。

 1位は京都,2位は東京,3位は神奈川である。

 2012年の全国学力テストの結果では,島根県は32位である。

 沖縄は47位,高知は44位。東京は6位。


 島根県の教員数は約9,000人で

 東京都は約75,000人。

 他に仕事がいくらでもある地域で,教員を確保するのは難しい。

 質の確保が難しいというのは当然の話である。

 ただ,教員の質がどのようなデータに反映されるかを厳密に測ることは難しい。

 人口1000人当たりの教員数と学力調査の結果には,相関はみられない。

 組織率が低くても,組合が「勢力をふるう」県と,学力調査の結果が悪い県には相関があるようだが。

  
 教員は,数ではない。

 意識である。

 教育に対するやる気である。

 東大に何人入ったかなどを気にするのは,塾の先生だけでいい。


 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 人間の「強さ」を教えられる教師をめざそう | トップページ | 負けず嫌いのブロガーの関心事 »

教育」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学校評価」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「再分配」が機能している各都道府県の教育事情:

« 人間の「強さ」を教えられる教師をめざそう | トップページ | 負けず嫌いのブロガーの関心事 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より