ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« スマホで変わる学習の管理・変わらない学習モデル | トップページ | 中国に学ぶべきこと ~テレビに映される○○~ »

ガラケー化する学校

 日本の学校では,リーダーシップは重んじられない。

 横並び+年功序列が大事に大事に守られてきた「聖域」だから。

 もちろん,学校に限った話ではないが。

 学校と一言で表現しても,そこで働いている教師は,

 学校のため,というより,子どものため,という意識で教育しているから,

 「自分が正しいと思う道を行く」人が多い。

 「自分が正しい」と思えば,国旗に唾を吐きかけ,国歌に耳を貸さない。

 教育委員会を訴える。

 それで立派に?公務員がつとまる「自由」な国で生きていることに,感謝しているかどうかは知らないが。

 そんな教師が多数派の学校,

 そんな教師の影響力が多い学校では,

 リーダーシップを校長が発揮できるわけがない。

 リーダーシップを発揮するのは,わがままな人だけである。

 組織が一つにまとまることが決してない学校では,

 新しいことはほとんど決められない。

 今までどおり,というのが合い言葉になる。

 そして,時代に取り残されようとしている。

 学校ごと,「ガラケー」化していく。

 「ガラケーにもいいところはある」と人は言うだろう。

 しかし,「慣れ」というのは,おそろしいものである。

 人間は「習慣の奴隷」と言われる。

 スマホになれると,ガラケーのように表示画面の小さいものは使いたくなくなる。

 学校は,「ガラケー」のようになっているのである。

 「スマホ」のような学校をつくる自由を与えてしまえばよい。

 公立がよい。

 なぜか。一部の公立がそうなれば,結局,みんなそう変わらざるを得なくなるからである。

 ただ,「スマホ」のような学校の設立によって,私たち教師が恐れるべき事態が生じる可能性がある。

 それは,教師がだれにでもつとまる時代である。

 非正規雇用を主力とした,スーパーのような場所になるかもしれない。

 なぜそれが可能になるか。

 子ども1人に最低1人の教師がつく学校が生まれるからである。

 教師の存在意義は,いつの時代にも問われ続けている。

 近いうちに,「問う」時間が与えられない大きな変化が起こるかもしれない。

 時代に取り残されても文句が言えないのは教師だが,子どもだけは救ってあげたい。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« スマホで変わる学習の管理・変わらない学習モデル | トップページ | 中国に学ぶべきこと ~テレビに映される○○~ »

教育」カテゴリの記事

教育改革」カテゴリの記事

リーダーシップ」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガラケー化する学校:

« スマホで変わる学習の管理・変わらない学習モデル | トップページ | 中国に学ぶべきこと ~テレビに映される○○~ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より