ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 教育委員会は,保護者ではなく教員の味方 | トップページ | 体罰防止装置の開発? »

書く力を磨くために ~支離滅裂の文章から学べること~

1 >私が,ある時期から多くなってきたと思われる思考のはたらき

 =集合の概念が欠落

2 >国語の書く力を高めるには,考える力が必要

 →考える力を高めるには,答えのないものに取り組まないといけない

  (原典には,答えのある勉強で子供の生活時間を埋めないこと,子供に考える力をつけるには,自由に遊べる余地を残しておくこと,とある)

3 >子どもの場合=遊び

  >大人の場合も同じ=趣味もいいのではないか

4 >書く力=作文力は読解力も必要

5 >日本は識字率が高い・・・・が,

6 >正しく理解できているのか→先生のような仕事をしている人であっても疑問

7 >読み取ったことが正しいかどうか確認するために,自分の意見に添えて,それは何処の部分か参照するかリンクすることがいいのでは

8 >正しく文章を理解しないで,自分で勝手にきめつけて解釈をする人を「こんにゃく思考」と呼ぶことにしましょうか?

 以上のような流れをもつ文章で,

 結局,言いたいことは6~8の部分でしょう。

 あとの部分には,何の意味もありません。

 まず,1から2にはつながりがない。

 集合の概念がないのは,この人の場合「~のせい」である,と常々書いています。

 書く内容にもよりますが,考えた結果を書く場合は,考える力がなければものは書けないのです。

 2では,「読む力」ではなく,「思い込む力」の強さを感じさせてくれます。

 引用している文には書いてないことが,解釈の内容に表れています。

 2から3へのつながりがおかしいのも明らかです。

 「問題」に対する「遊び」なのに,「遊び」がいきなり「趣味」に飛んでいます。

 「思います」「気がします」の多用は,作文では避けるべきこと,と教えてくれる先生がいなかったのでしょうか。

 4では,すぐ上で自分に「読解力」がないことを示した上で,それが必要だと示してくれています。

 4から5はまた話が飛びます。

 「読解力」から「識字率」にレベルが下がっていきます。

 「読解力」というのは,文章を読んで,「ああ,この人,どうかしているな」とわかる力のことを指します。

 「識字率」の説明は,引用の通りです。

 結局,言いたいことは,6以下なのです。

 しかし,それで自分を守ることはできません。


「国語力」「考える力」のレベルが,話の中でごちゃまぜになっているのですよ。

 小学校1年生から6年生までを教える人なら,わかっているはずのことなのですが・・・。
 

 そこまで論理的でない文章を読まされれば,

 「どうしてそうなってしまったんだろう」

 という心配を呼び起こすことになってしまうのです。

 書く力を磨くためには,

 自分の欠点をごまかそうとしないことが重要です。

 「正しく理解していない」証拠を示さないといけないのに,

 それには全くふれませんね。

 理由は簡単。

 それをやってしまうと,自分の方が不利になるのが明白だから。

 指導力のない教師の最大の問題は,

 自分に問題があるということを絶対に認めないことなのです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 教育委員会は,保護者ではなく教員の味方 | トップページ | 体罰防止装置の開発? »

教育」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書く力を磨くために ~支離滅裂の文章から学べること~:

« 教育委員会は,保護者ではなく教員の味方 | トップページ | 体罰防止装置の開発? »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より