ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 「再分配」が機能している各都道府県の教育事情 | トップページ | 公立中よりも私立中を選ぶ理由 »

負けず嫌いのブロガーの関心事

 自分の話で情けない思いをしたあとは,必ず「おかしな反撃」をしてくるのが慣例である。

 どこで調べてきたのか,東京の教育に関心のあるブロガーが,

 ネットの掲示板から楽しそうに公立学校への悪口を拾っている。

 どこから情報をもってくるかで,すでに「アウト」である。

 教育に情熱をかける教師には,決して学んでほしくない典型的な人間である。

 
 嫌悪感を禁じ得ないのは,子どもを「残りカス」と呼べる感覚をもつ人間に親近感をもっていることだ。


 いつの時代のデータか知らないが,首都圏と書きながら,内容は東京都の教育である。


 東京都は,中高一貫校が増えた影響もあり,保護者の中学受験に対する関心は高まっている。

 それでも,多くの子どもは公立中学校に進学する。

 23区だけでも900万人いる規模の大都市である。

 中国・四国地方の9県の人口を足しても,東京都の人口には250万人近く足りない。

 フィンランドの教育が一時期注目を集めたが,

 フィンランドの人口は北海道よりも少ない。

 日本は子どもよりもお年寄りを大切にする国。せっかく規模が小さくても,教育にお金はまわってこないから,地方は本当にもったいないことをしている・・・というのは個人的な感想である。


 話を戻そう。

 ネット掲示板上の「悪い話」ばかりを集めて,

 「東京の教育は悪い」と宣伝したい「田舎のおじさん」は,

 教育に情熱をかける教師に何を伝えたいのだろう?

 結局,そんなものは何も持ち合わせていないのだ。

 持っているのは,自分を守りたいという感覚だけである。

 どうして「まもとな修学旅行をしてきた」ことを強調したいのだろう。
 
 しかし,残念なことに,次の一言でアウトである。

 これを「丸投げ」「業者任せ」という。

>修学旅行も、何社かにプランを出させ、それを何人もの先生で協議し、いいものを採用しています。

 一番いい方法がある。

 業者がつくったものでもかまわないから,当時の「行動要領」を示してくれればいい。

 でも,それもどうでもいいのである。

 だれも,「接待を受けていたかどうか」などを追求する気はない。

 修学旅行というのは,業者に旅行代金のどれだけがいくか,その数字がすべてを物語ってくれるのだ。

 経済に関心のある人間なら,容易に想像がつく話である。

 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

« 「再分配」が機能している各都道府県の教育事情 | トップページ | 公立中よりも私立中を選ぶ理由 »

教育」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教職教育」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負けず嫌いのブロガーの関心事:

« 「再分配」が機能している各都道府県の教育事情 | トップページ | 公立中よりも私立中を選ぶ理由 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より