ウェブページ

最近のトラックバック

本の検索・注文


  • サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ

« 生徒からもらう年賀状から思うこと | トップページ | 結果だけを重視するから個性を奪う教師になる »

タイトルの見直しが必要 ~個人主義が誤解される原因がそこにある~

 ブログのタイトルが誤解を生むもとになっている。

 そして,記事のタイトルも誤解たっぷりのものである。

 多くの人が誤解している,と決めつけていることをなぜか「常識」にしたてて,

 その誤りを得意がって説明している人がいる。

 おそらく,特定の個人かせいぜい数人の記事に使われている誤用を持ち出して(引用の出典を明示しないので,何とも言えないが)いるだけであるから,

 「常識の見直し」というタイトルはおかしい。

 「自分の知識を疑ってみる」という大事なことを書きながら,

 自分自身の知識や書いていることにはいっさい「疑う」ことや「訂正する」ことをしない。

 こういう,現場から去った人間による,

 現場の人間への言葉は,

 「実践ができない」人間だから,いけない,とは言わない。

 実践ができる人間だったのかどうかは,書いている言葉を読んで判断できる。

 おかしな主義・主張が正面から批判される場が,教員にはなかった。

 だから,本当におかしい主張する人が,学校内でもまかり通っていた。

 今は違う。

 こうやって公の場で,「問題点」を指摘される時代になったのである。

 何をPRしているのか。

 現場を去った人間の中に,

 一定の「病気」の人間を差別扱いし,いや,不適切な表現によってこきおろし,

 「こんな人間が教育現場に立っていたのか」

 という思いを抱かせることを,熱心に書き続けている。


>授業が成り立たないので,授業で教室に行っても生徒はみな勝手に自習をしている

 ような教師は,たしかにまずい。

 (いや,学校によっては,「生徒が自習してくれている」だけでもましなのかもしれないが)

 しかし,こういう教師を,病名を挙げて詳しく説明しながら,

>文字通り頭の「おかしい人」

 ということが平気が書ける人間が,教育現場に立っていたのである。

 障害をもつ子どもたちが,どんな目にあっていたか,想像するのもおそろしい。

 「迷惑な個人主義」というものの見方が成立してしまうから,誤解のもとになるのだろう。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 教師教育・教員養成へにほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

 

« 生徒からもらう年賀状から思うこと | トップページ | 結果だけを重視するから個性を奪う教師になる »

教育」カテゴリの記事

ブログネタ」カテゴリの記事

学力向上」カテゴリの記事

教師の逆コンピテンシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 生徒からもらう年賀状から思うこと | トップページ | 結果だけを重視するから個性を奪う教師になる »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

宮城谷昌光の言葉

  • 雲のうえに頂をもつ高山を登ろうとするのに、その山相のすさまじさに圧倒され、おじけづいていては何もはじまらない。最初の一歩を踏み出さねば、山頂は近づいてこない。
    「楽毅」第四巻より
  • みごとなものだ。斂(おさ)めるところは斂め、棄てるところは棄てている。楽氏が棄てたところに、われわれの生きる道がある。
    「楽毅」第四巻より
  • 去ってゆく千里の馬を追っても、とても追いつかぬぞ。千里の馬の尾をつかむには、その脚が停まったときしかない
    「楽毅」第四巻より
  • ・・・つくづく人のふしぎさを感じた。道を歩く者は、足もとの石をたしかめようとしないということである。千里のかなたを照らす宝石がころがっていても、気がつかない。それほどの名宝は深山幽谷に踏みこまなければ得られないとおもいこんでいる。
    「楽毅」第三巻より
  • この城をもっとたやすく落とすべきであった。たやすく得たものは、たやすく手放せる。
    「楽毅」第二巻より
  • なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。
    「楽毅」第二巻より
  • からだで、皮膚で、感じるところに自身をおくことをせず、頭で判断したことに自身を縛りつけておくのは、賢明ではなく、むしろ怠慢なのではないか
    「楽毅」第二巻より
  • こうする、ああする、といちいち目的と行動とを配下におしえつづけてゆけば、配下はただ命令を待つだけで、思考をしなくなる。この四人はいつなんどき多数の兵を指揮することになるかもしれず、そのときにそなえて自立した思考力をもつ必要がある。
    「楽毅」第二巻より
  • 人は自分の存在を最小にすることによって最大を得ることができる
    「楽毅」第三巻より
  • 勇と智とをあわせもっている者は、攻めるときよりも退くときに、なにかをなすときより、なにもなさないときに、その良質をあらわす
    「楽毅」第二巻より